腸閉塞は突然に<其の十八>(終) わたしにとって、ストーマ(人工肛門)とは

腸閉塞は突然に<其の十八>(終) わたしにとって、ストーマ(人工肛門)とは

(「腸閉塞は突然に<其の十七> 人工肛門、そしてお気に入りへ」の続き)

今回は、冗談に聞こえてマジメなお話です。

◇◇

わたしにとってストーマ(人工肛門)とは、旅先で巡り会って、それからしばらく一緒に旅を続けた友人のようなものでした。

ともに始めた旅は楽なものではなく、険しい山やごつごつした岩場の道。しかしその旅の間、たとえわたしがそっぽを向いていたとしても、ものも言わず、決して裏切ることもなく、ずっと私を支えてくれていたのでした。

◇◇

お別れが近付くことが、とても切なかった。

閉鎖術のための入院の前夜には、一緒に家で眠る最後と思い、パウチを交換すれば、これが最後のお世話と思い、手術室に入るときには「またね、体の中でね。ありがとうね」と言いつつ、ポンポンと叩いたのでした。

よく、戻せてよかったね、と言われますが、わたしとしてはうれしい話ではなかったのです。ストーマがあることを不都合に思うことは全くなくなっていたし、戻さない選択をするのもありだろうかと始終考えていました。

しかし、やはり腸。おなかが自分の居どころです。

もしも腸に考える力があるなら、おなかの中に戻りたいだろうと思いました。

それに、わたしのストーマは小腸と大腸のつなぎ目を切り、小腸の切り口を外に出していたため、大腸はおなかの中で眠ったままだったのです。
せっかく体を健康に生かすために生まれたのに、ずっとそこで待ったままでした。その大腸を動かしてあげるべきだと思いました。

その後、腸の接続は完了し、おなかには大きな手術の傷のほかに、ストーマを閉じた傷が残りました。それは日に日にきれいになってきています。けれど、完全には消えてほしくありません。そこにストーマがいたことを忘れたくないからです。ここにいたんだなあと思っていたいのです。

それでもやはり、腸はわたしのために生きて、活動しています。
おなかに戻ってしまった今はもう、ストーマの顔を見ることはできません。しかし、ひそかにわたしと旅を続けてくれている。そう、思うのでした。


……と、すごい擬人化ながら、ちょっとイイ感じで腸閉塞シリーズを締めようかと思っていました。
ところが、実はこのストーマ、今、目の前にあります。

また人工肛門になったのではありません。

ラブリーW先生からのストーマ閉鎖の術前説明では、ハラから外に出ている部分は汚染されているため、そのままハラに戻すことはできないとのお話でした。なので、切り取ってしまうとのこと。

そこで、ダメもとで、「切った部分をもらいたい」と言ってみました。
「とても大切なんです」と。

ヘンなやつ、と思われたことでしょう。
しかし、術直後、多分まだ手術台にいて、麻酔から目覚めたばかりで朦朧としているとき、先生はわたしに小さなボトルを差し出したのでした。

「ストーマ、取っておいたので、持って行ってください」とのこと。

この状態でどうやって持って行けというのだ、と思いつつ、気持ちを汲んでくれたのはうれしかったですね。後日見たら、きちんと病棟のベッドサイドに置いてありました。

ホルマリン漬けです。
ドクロマーク付いています。

どちらにしても、やはり切ないですが、これも出会いだったのだなあと思います。

すさまじいインパクトを与えられた出会いでした。これぞ、ディープ・インパクト。

とりあえず、腸閉塞シリーズとしてはこれで終わりですが、ストーマ関連トークはまだまだ豊富にあります。そのへんはまた後日。

一連の腸事件、
これは、たいした経験です。

(「腸閉塞は突然に<番外編> 崖から突き落とされたライオンの学び」に続く)

紅く咲く
それをきれいと思うか、醜いと思うかは、その中に何を見ようとするかによると思います
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

すごい経験ですよね。

自分の身に置き換えて考えると、果たしてそんな風にポジティブに思えるかは疑問ですが、とにかく、腸に対して親近感がわきました。

でもホルマリン浸けの子は、
夜はちょっと怖い気もしますが・・(笑)
マリさんの、その変な感性も興味深い!

この腸閉塞シリーズが終わるのが寂しいです。読むのが待ち遠しいぐらいでした。
ちなみに、私のもっともお気に入りは、初めてお腹を見るくだりの『みちゃおっかなぁ~』の看護婦さんアピールのとこです✌
思わず、クスッとしてしまいました。

マリさんの次のシリーズにも期待してます!

>あう さん

楽しんでいただけてうれしいです〜。
ずっとブログは書いてきたはずなのに、なぜか腸閉塞シリーズを終えるのはわたしも寂しく感じるんですよね。親近感湧いちゃったかも。

ホルマリン・ストーマ、いつも見えるところに置いてあります。
化粧品・アクセサリー・ストーマ・ぬいぐるみ・シーサー……という並びです。自然に見えるのか、遊びに来た人に気付かれたことはありません(-▽-)

NoTitle

マリさん
おひさしぶりです!こんにちはー。
腸閉塞シリーズ、一気に続きを読みました。

とってもポジティブに、コミカルに記事にされていて
かつ、解りやすい(^-^)v

時々じんわりウルウルでした。

きっと、色んな感情があったと思いますが、マリさんがこうして
明るく書かれているのを読んで、同じようなオストメイトの方は
元気づけられるでしょうね♪

お腹に納められた腸もきっと、マリさんと同様に少し淋しいと
思っている?かも。ふふふ。

すてきなお話、ありがとう!

>ゆるり さん

どもどもー、こんにちは!

一見、悲惨に思えるものでも、それを完全に覆す場合が往々にしてあるのだと知りました。
意識はいろいろに向けていかないとですね〜。見えないものがたくさんです。

帰って行ったヤツもさびしく思ってくれているでしょうか。
そうだとちょっとうれしいです(^^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索