腸閉塞は突然に<其の十一> ハラに生き物??

腸閉塞は突然に<其の十一> ハラに生き物??

(「腸閉塞は突然に<其の十> ストーマ(人工肛門)よ、こんにちは」の続き)

人工肛門を一輪の花のようだと表現しておいて、なんでそういう境地に至ったのかが気になるかとは思いますが、その前に語らねばならないこといろいろとございます。単にわたしがフシギちゃんだった、なんて、面白くもない結論にならないために、その背景を疑似体験していただきたいと思います。

まずは、人工肛門ってなんぞや、ということから。
いきなりクソ真面目な話……ではありません。(肛門だけに)

人工肛門……。
だれしも耳にしたことだけはある名前。でもそれは多くの人にとって、遥か彼方から聞こえてきた山びこくらいに遠い存在。無論、過去のわたしにも。

しかし、この名前は相当にイメージがよろしくない。
いいイメージなんて到底湧くはずもないということが、この四字熟語のような文字の中にありありと表されているではありませんか。

なんせ、「人工」的に造られた「肛門」ですから。

間違っちゃいない。
間違っちゃいないけど、かなり間違った像を脳裏に浮かばせるものがあります。

例:おしりかどこかに、プラスチックかなにかで作られたアダプターみたいなものが埋め込まれていて、そこから排泄する。

ぱっと浮かぶのが、十中八九、そんなところではないでしょうか。
わたしのブログを読んでくださっている方は、わたしが「ハラから、ハラから」と、ハラを強調しているのでどうやらハラに付いているものらしい、ということは想像していただけているのではないかと思いますが。

しかし、その奇怪な風体をイメージに持つ我々が、実際それを付けねば生きてゆけぬ、という状況になったとき、ビビリは必要以上に大きくなるに違いない。(というか、大きかった)。

まあ、実際にどんなものかを知ってもちょっとビックリはします。

◇◇

まず、人工肛門ができた、ということをしかと受け止めてから気付いたのが、ベッドサイドに置かれた見知らぬポーチとファイル。なんだこれ、と思ったら、「人工肛門スターターキット」!!!

その中には取扱説明書的なものとグッズ紹介の冊子、そして先の曲がったハサミやらヒモの付いた洗濯バサミやら。病院によるかもしれませんが、かなりキチンとしたポーチとファイル。人工肛門が一生モノになる方がいるため、そのへんはしっかりしたものを用意しているようです。

プラス、いろいろなグッズが必要になります。これがまた高額。3〜4日に一回交換しなければならない装具が、わたしの使用していたものの場合、一枚1000円くらい。しかも補助に必要なものがほかにもイロイロ。

ひえ〜と思ったとき、看護師さんからご親切なひと言が。

「障害者申請すれば補助金が出ますよ〜」

……。
そうか、障害者なんだ。

まさかなると思わなかったものに、ダブルでなってしまいましたとさ。
しかし、わたしの場合は一時的だったので障害者認定されませんでした。よって、グッズは自腹。(ハラだけに)
(確定申告での医療費控除はオッケー。場合によっては一時的でも障害者認定可)。

ちなみに、ぱっと見、元気だけど障害を持っていることを、内部障害と言います。若い人にも結構います。「なんだコイツ、元気なくせに多目的トイレ使いやがって」と思われることも多いとか。
もしもわたしがそう言われた場合、こう言い返してやる!というセリフをフツフツと頭の中で煮つめていたのですが、残念ながら(?)一度も使う機会はありませんでした。

で、当の人工肛門さん。
これはまさに、「腸」です。
アダプターなんか、ありません。
腸がハラから「ニョ」と、出ています。

しかも、腸の先端(切り口)は、内を外にぐりんと折り返しています。例えて言うなら、タートルネックセーターのネック部分。
つまり見えている部分は腸の内側です。
そしてハラに開けた穴に縫い付けてあるという。

言葉にするとなんだかとても、恐ろしげ。
それをお医者さんは「かわいく」造るのだから、タダモノじゃない。


……さて、そのありさまとは!

「!!!」

「ハラに、ゾウアザラシ(ミニサイズ)がっ!!!」

(「腸閉塞は突然に<其の十二> 腸・観察」に続く)

内部障害者のマーク
内部障害者のマーク 内臓・呼吸・免疫などに障害がある人のマークです これもあまり知られていませんね
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

初めて人工肛門の全容がわかりました!
そうだったんだね~
医療って凄い、発想が凄い!
ハイネックの折り返し…確かにかわいいかもしれない(^^)
  • #321 ちっくたっくぼんぼん 
  • URL 
  • 2014.09/13 20:32 
  •  ▲EntryTop 

>ちっくたっくぼんぼん さん

そ〜なんですっ!スゴイですよね(>▽<)
折り返しが「裁縫??」って感じです。

ぼんぼんさんもおひとついかがです?

初めまして

初めまして

初コメです。

私の主人も人工肛門です。(一時的ではなく永久) もちろん障害者認定を受けています。
先日、障害者用駐車スペースに車を停めたところ、知らないおばさまから
『ここは障害者の人が停める場所だからあなたたちは停めちゃだめよ』と言われました。
その時、主人は何も言わずしらんぷりしていましたが、私は心の中で『この人はこう見えても立派な障害
者なのよ』と叫んでいました。でも主人はやっぱり障害者だということを他人には知られたくなかったの
かもしれません。今度からは普通のところに停めようと思いました。
でも、トイレはそんな訳にはいかないですよね。

>りょうらぶさん

りょうらぶさん、初めまして!
コメントをありがとうございます。

内部障害は認知度がかなり低いですよね。
かく言う私も自分がなってみるまでほとんど何の知識もありませんでした。
少しずつですが、最近は障害を持っていることを「個性」と考える人が増えてきているので、徐々に知られていくのではないかと思っています。

しかし、だからと言ってみんながオープンにした方がいいという訳ではなく、言いたければ言えばいいし、言わない方が気が楽ならそれでいいと思います。私も人によっては非常に面倒くさいことになるで場面で変えていました。無視というのもひとつの手ですよね。

今後の活動で、「人の多様性」と、「限られた知識だけで人を判断しない目を持とう」ということを伝えていけたらいいなと思っています。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索