腸閉塞は突然に<其の一>

腸閉塞は突然に<其の一>

2013年12月27日金曜日、大安吉日
天候は晴れ

それは、わたしにとって「運命の日」……といっても過言ではないほど、モーレツにキョーレツな印象の残る日であります。その大きさといえば、この日に一度死んだ、というほどのインパクトでありました。1ヶ月分の出来事が一日に凝縮されたのではないかというほどの濃厚さで、まさに米国ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」(※)さながらのギュウギュウ詰め具合だったのです。

◇◇

どんなお話でも、始まりは平穏そのもの。

最後の抗がん剤の副作用も落ち着き、数日前にあった年内最後の診察では、オー先生に「よいお年を」とごあいさつ。あとはこのままよくなっていくんだな〜ルンルン、という、なんとものほほんとした気分なのでした。

体力を付けるために、毎日のお散歩は欠かせません。この日はちょっと遠出して隣の駅まで歩き、カフェでおしゃれランチなんかしたりして。
「年末とお正月がお家で過ごせてよかったですね」という友達からのメールを受けて、おお、新年の神様を迎える準備をしなければ、と帰り道に小さな商店の軒先で門松を買ったり、ニャンコの乗った鏡餅を買ったり。寒いながらも街に活気があって、年末らしい楽しい雰囲気が心地いい。少しは大掃除もしなくちゃね、おせちはどうしようかな、などと考えながら帰路についたのでした。

……と、ここまでが前世のお話(注:気持ちの上で)。このときは、これから怒濤の旅路が始まるなんて予想だにしない。

お散歩から帰り、落ち着いたところで、さてとブログ(旧)でも更新しようかの、とパソコンに向かって身をかがめてみたところ……、

あ、あれ……?
胃が痛い?

なにやらみぞおちに鈍痛。しばらく落ち着いていた慢性胃炎が出てきたかな、でもしばらくすればよくなるでしょう、ということでしばし休憩することにしました。

ところが、一向に良くならない。
う〜ん、どうしたものか。

温かいハーブティーでも飲んでみるか、膀胱を空にしてみるか(←たまにそれでよくなっていた)、締め付けのない服に着替えてみるか、等々、試してみるも、いずれも役に立たず。

それどころか、痛みが増してきているっぽい。

処方された胃薬は数種類持っているものの、常用しているものに追加で飲んでいいものか、そもそも即効性のある薬なのか。迷いに迷っている間にも、痛みは徐々に上り坂。えーい、飲んじまえー、と飲む。

パタリとベッドに横になり、多分、きっと、そのうち治るだろうけど、念のため姉にメールでお知らせしておくのでした。

わたし 「胃がけっこう痛い……」
姉 「仕事終わったところだから寄ろうか?」
わたし 「そうしてくれると助かる」
姉 「すぐいく?いったん帰って車取ってこようか?」

そうこうしている間にも増す痛み。すでに最後の質問に回答する気力がないほどにまで痛くなっていることに気付いたのでした。考えるために脳にエネルギーを使うことすら、ままならない状態。痛みと、質問に返信していないことに対するストレスがダブルで襲ってくる。
(おそらく、こういう事態のときは助ける人が勝手に決定してあげた方がいいのかもしれません。メールだとなかなか判断しずらいところではありますが)

更にしばらくすると、「う〜〜〜、う〜〜〜」と、オオカミの遠吠えさながらにうなっている自分を発見したのでした。
(ハッ!これはけっこうヤバいのでは?!)と、半ば動物的な直感で危険を察知し、考える間もなくダイヤル119番。
救急隊の「救急ですか?消防ですか?」の問いに、またもや意味もなく混乱。え〜っと、消防じゃないから救急だな、という消去法でかろうじて助けを呼ぶという。ちなみに、「119番」もアメリカの救急ダイヤル「911」の反対だったよな、という思い出し方。頭の中がてんやわんやだったんですね。

そして運び込まれるいつもの大学病院。
まだまだ痛みは続いています。うなりもオオカミのまま。(救急の待合室まで響いていたとか)
ワラワラと人が押し寄せ、点滴やら採血やら、心電図やら。
何もかもどうでもよくなっていたため、人の顔はまったく覚えていません。

その中でもはっきり見えた担当医師の顔。
多分それは、超・美形だったから。

「う〜ん、う〜ん。ハッ!イケメン!!う〜ん、う〜ん」

人間って、不思議。

その後、その医師がジャニーズ先生と名付けられたのは言うまでもありません。
ともあれ、彼に命を助けられることになるのですが、その話はまた次回!

(「腸閉塞は突然に<其のニ> マジでナイスなジャニーズ先生」に続く)

(※米ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」:1話でドラマ内の1時間が進み、24話(24時間)で完結。その24時間のうちに実に多くのイベントが起こる。誘拐され、テロが起き、仲間に裏切られ、大統領が数回替わり、国家の危機まで救ってしまうという破天荒なドラマ)

病室からの朝焼け
見納め、と思って去った一ヶ月後にまた見る羽目になった病室からの朝焼け
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ずっと気になっていたマリちゃんのイレウスのことがやっと聞ける~。笑

マリちゃん退院祝いに暴飲暴食でもしたのか?って気になってたんだ~。

私はイレウスではないけど、円切後に創が開き死ぬほどの痛みを経験。
その時の記憶が甦ったわ。
私も旦那に電話したのはいいけど、痛すぎて何をどう説明すればいいのか、またしたのかも覚えてないし、電話のあとはマジで動けなくなってしまって手元にある携帯すら持つ力もらなかった。うずくまる私の上に子供が「お馬さんだ~♪」って乗っかって来たときには「オワッタ…」と思ったもん。
今となっては笑い話にも出来るけど、あの痛みを経験したからか開腹の痛みなんて全然余裕とすら思えたわ。笑

二度とゴメンだけどね。

>nami さん

やっとこイレウストークです。おそ!
イレウスについてはネタがありすぎるんですよね〜。
ちなみに暴飲暴食はしてませんぞ(~o~)

ひゃ〜、術後に傷が開くなんて(><;;;;;;;
お馬さんじゃないよ〜〜〜〜、超苦しんでるお母さんだよ〜〜。

NoTitle

イレウスって胃が痛くなるの!?怖いな。あ=さぞかし痛かっただろうなあ。
大変でしたね。うぅ...なんか目に浮かびます......。
私胃痛持ちでいつもブスコパン持ち歩いているんです。
胃が痛いのと頭痛はホント怖いんです。
先日腸にガスが溜まって近所の婦人科行ったときは、
術後まだしばらくは腸閉塞になりやすいよって警告されました。
先生イケメンだったんですね。でも、場合によっては困るなあ///イケメン///

そういえば先日のゴキ記事にコメント入れたとき、
「不適切な表現」と出てしまいました。なんだろう~
ゴキが這ってくる様を表現した言葉がダメだったかな。

>pusu さん

ものすごーい痛みでしたね〜(><)
それは単なるイレウスじゃなかったからなんですが、普通のイレウスでもかなり痛いらしいです。
一説によると、術後一年以内が一番なる可能性が高いのだそーですよ。
私はピッタリ半年でした!

ゴキ記事、もうひと方コメントはじかれちゃったみたい(><;;;
う〜ん、なんででしょう。はっきりコレがダメ!と示してもらいたいですよね。
ともあれ、コメント入れてくれようとしてありがとうございました〜〜(^▽^)/

NoTitle

マリさん大変だったんですね(>_<)
腸閉塞って、術後何年も経って忘れた頃になる場合もあるって聞いたことがあるので、私もまだまだ油断禁物と思っています。
大腸がんにも罹患したし、特に最近胃の不調を感じているので、マリさんのタイムリーな記事が参考になります。
便秘症ですが、センナの力を借りてだけど毎日ドッサリ出てるから大丈夫かな?
それとは関係ないのかな?
こんななので、今後の記事も楽しみに待ってます(^^)/

マリさんこんにちは。
腸閉塞のお話とても為になります。
私もすごく怖いです。
手術してから便秘で下剤飲まないと
出ないです。
暴飲暴食しなくてもなるみたいだし
本当に怖い(><)

あと私もブログ始めてみました。
全然慣れてないし、つまらないブログですが暇潰しに覗いてみてください(^^)

>サザン さん

私はこれっぽっちも腸閉塞の心配をしていなかったので、まさかそうなるとは思っていませんでした!
油断しすぎ(^^;

次はまだ手術までのお話なもんで、なかなか腸閉塞自体まで進まずです。
ほんと、いろいろありすぎて。
飽きずに見てくださるとウレシイです。

便秘はやっぱりしない方がいいらしいです。というか、便秘が続いたらつまっている可能性アリのようなことを言っていました。でも突然痛くなるとのことで、これはもう運かもしれませんね。ちなみに、私は抗がん剤の副作用以外で便秘になったことはほとんどありませんが、腸閉塞になりました!しかも最悪なやつ!(-▽-)/
あと、多分胃痛は胃が痛かったというより、そのへんの腸が何かしてたのかなと想像します。最後の方はハラのいろいろなところが痛くなりました(;_;)

>めこ さん

こんにちは〜!
ブログ始めたんですね!ただいまチラリとのぞきにいきました。またゆっくりお伺いします〜!

暴飲暴食はよくないと私も聞きました。
ワカメやらきのこやらネギやら、よくないなんてお話も…(><)
でも、そんなに気にしなくてもいいかな〜なんて。今はまだ腸の調子が戻らないため、そのあたりの食材の消化の悪さから食べていませんが、どれも好きなものなのでちょっと気を付けつつ食べようと思います!

NoTitle

イレウスのお話待っていました!
大の大人が呻き声をあげるほどの痛み…。
始まってから短時間の出来事なんですね。
そんな中でも「ハッ!イケメン!!」と反応せずにいられないなんて人間て面白いですね。
本当に笑い話のように話せてよかったです(泣)

>みっこ さん

イレウスから約9ヶ月も経ってしまいました〜!
面白いことがいっぱいあったので、もれなく書いていきたいのですが、もれそう!
そしたらまた戻って書きます(^^)/

も〜、うめきで何かを体外に逃がしている感じでしたね。
後にも先にもこれっきりにしたいところです(笑)

ジャニーズ先生、ほんと、すてきでした。
どんなときもキレイなものは目に付くのだなあと思います(>▽<)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索