『がん患者さんの暮らし広がるアイデア展』に行ってきた

『がん患者さんの暮らし広がるアイデア展』に行ってきた

昨日、『がん患者さんの暮らし広がるアイデア展』が国立がん研究センターで行われました。わたしは一応がん治療は一段落していますが、ちょっと興味があったので行ってきました。
今回はそのレポート……というより、このイベントから感じたことを書きたいと思います。

イベントは、がん患者が快適に治療をしていくための情報やグッズを紹介するもの。乳がん・子宮がん手術の後遺症であるリンパ浮腫予防のマッサージ、スキンケア、ウィッグ選びやお化粧などのセミナーからパネルディスカッション、また、大塚製薬、味の素、テルモなどの企業のブースもあり。サンプルはがっつりいただく。
しかしながら、全体的な感想としてはもう一歩というところ。パネルディスカッションがほとんどディスカッションされていないなど、かゆいところにいまいち届かない部分がありました。惜しい。

それは置いておいて、ここで少し驚いたのは、看護師さんなどの病院スタッフが一生懸命に活動しているところでした。企業は後々の利益がからんでいるので積極的でもまあ普通(やる気の無い企業もありました&大塚製薬はかなりがんばってる)。でも病院スタッフの中心業務は治療。それプラス、こういった活動をしていることになります。来場者にはこの病院で治療をしていない人も多くいるはず。それでも患者に精神的負担を少なく治療をしてもらいたいという気持ちがあるのだろうと思いました。わたしが治療を受けている大学病院については度々こういったお話を書いていましたが、ほかの病院のことは体験として知ったことはありませんでした。
病院自体には何かしらの利益があるのかもしれません。しかし、こういった企画を立ててくれること自体、現代医療が“血が通ったもの”になってきているということだと思うのです。

以前、「アピタル がん夜間学校」というサイトに、がん薬物療法専門医である勝俣範之(かつまたのりゆき)医師が登場し、抗がん剤と生活の質についてお話をされていたことがありました。
「がん薬物療法専門医」とは抗がん剤の専門家。ですが、勝俣医師が患者と治療について話すときは、単に抗がん剤を勧めるのではなく、まずはその患者がどういう生活をしてきて、これからどう生きていきたいのかを話し合うといいます。抗がん剤は大きなメリットがありながら、副作用で生活の質が格段に下がることがあります。場合によってはあえて抗がん剤を使わないという選択肢も提案するとのことでした。
「病気を治す」ということを機械作業や利益としてではなく、人間としての視点から考えているのだなあと感じました。

加えて、たびたび登場しているわたしの主治医、オー先生や多分まだ登場していない外科のラブリーW先生、たくさんの積極的で献身的な看護師さんとの出会い、そして今回のようなイベントの開催を考えると、医療は全体的に人の心を大切にする方向へ向かっているのだと思います。
利益重視、勝ち負けの多い社会の中で、しかも医療という大きくて重要な世界の中でそういった傾向があるのは、患者としてだけではなく人としてもうれしいことです。

わたしはこの一年の治療に関して、多方面でとてもラッキーだったと思いますが、こういった変化を見ることができた、今この時代だったことについても幸運だったと思います。



勝俣範之医師の記事&動画はコチラ
アピタル がん夜間学校
1/7はーと!
看護師さんが書いてくれた「1月7日はーと」 かなりウレシイ 
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

そんなイベントがあるなんて!
地方でもやってほしい
がん薬物専門医?話し聞いてみたいですねー
人によりそう医療か…それは私も感じてる
問題は私が医療に寄り添えるか…だな
( ̄▽ ̄;)
マリさんの前向き、見習わねば!
  • #95 ちっくたっくぼんぼん 
  • URL 
  • 2014.07/01 00:09 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle

すごい!取材!?違うか^^;いかれたんですね~
図らずも癌の世界に足を踏み入れてしまい、興味わいています。抗がん剤にそんなに種類があって使い分けられているなんて知りませんでした~。私がお世話になった大学病院は手術後のフォローは薄い方かなと思います。急性期の対応はしますけど、あとは各自で、みたいなwナースも「外科」って感じであっけらかんとして、「癌」「がん」した雰囲気はなかったです。結果、精神的には良かったのかな。ようは使い分けですかね......。こんなハートマーク書いてくれるなんて!嬉しいですね!

>ちっくたっくぼんぼん さん

イベントなかなか興味深かったですよー。
リラックスグッズということで、入浴剤いっぱいもらってきました(^^)
あと筋トレのためのへんなゴム。
開催はやはり東京中心になってしまいますよね。
企業ブースを見ても、高いし広告うてないしで、狭い産業なんだなと感じました。
次回開催のときは東京でお待ちしております〜!

ぼんぼんさん、十分前向きじゃないですか!
患者っぽさ、ぜんぜん感じない(~~)

>pusu さん

半分趣味です(笑)

病気も癌も、なってみなければ分からない世界ですよね。
聞いたことしかない国に行くようなものでしょうか〜。
せっかくなので探検しようかな、みたいな感じです。

大学病院でも結構違うんですね。
おもしろい。

ハートマーク、なんか和みました(^^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索