スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

オバケ?! 夜の病棟 2013.5

オバケ?! 夜の病棟 2013.5

消灯後の薄暗い病室。
なぜか私のベッドわきに何度もやってくる人がいる……。

手術後のうつらうつらしている時ではあるけれど、明らかに人の気配を感じるのです。

看護師さんとは違う。

お見舞いの人でもない。

見ていくだけで、なにをしていくでもない。

どうやら病衣を着た中年男性らしい……。

……こ、これはもしや、世に聞くオバケというものでは?!

な、なにしてんだ??とは思うものの、全く不気味さは感じません。
どちらかといえば、「大丈夫かな〜」と心配して見に来てくれているような雰囲気。中肉中背、少し頼りなげで控えめな人物っぽい。
でも、ベッドの手すりからぐ〜っと身を乗り出して覗き込むのはちょっとやめてもらいたい。それに、ちょくちょくやってこなくてもいいのでは。ここ、女性病棟なんですけど……。

それでもその後は、前回のブログでご説明したとおり熟睡だったので、特に問題はなかったようです。もしかして、よく眠れるようにオバケさんがおまじないでもかけていってくれたのでしょうか。

思い返してみると、よく怖いと感じなかったものだなあ。麻酔が残っていてぼや〜んとしていたのでしょうか。

そうは言ってもあまり気持ちのいいものではないので、その次の入院から毎回、シーサーを魔除けとして持参することにしました。いつもベッドサイドの棚にセッティング。その周辺には飾りやらお守りやら、いろいろと増えていって祭壇のようになってたりして。

あれ……?今考えると私の方が怪しい人?


ちなみにその後は一度もオバケさん出ませんでした!

さて、次回はどうでしょう?
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。