スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

手術直後の人間

手術直後の人間

ひさかたぶりの更新です。
腸をドッキングしたところまではスムーズだったのですが、ごはん(重湯)が開始した途端におなかの中でハデな太鼓祭りが始まってしまったもので、その対応に追われていたのでした。太鼓は和太鼓。江戸っ子です。

コメントをいただいていた方、返信をしたいしたいと思いつつ、なかなか着手できずに申し訳ありませんでした!



さてさて話は戻り、手術後。

術後から口元に置かれる酸素マスク。
手術により、付けている時間が変わるもようです。確か1度目は1時間、2度目の6時間に及ぶ手術の後でも2〜3時間。3度目は割にさっさと外され、今回の4度目は、なんと翌朝まで。

これがまた、よくズレる。

透明なゴムのマスクをパンツのゴムのような弱々しい平ゴム(下品ですみません)で結んであるだけなので、たいへんよくズレます。それでも普通ならば簡単に直せるのですが、今は術後。多方面でピンチな状況です。特に体中を取り巻く管により、身動きはかなり制限されています。腕を動かせば点滴が漏れそうで、気持ち的にも自由が利きません。

ちなみに、「点滴が漏れる」というのは腕に入っている柔らかい留置針が血管をやぶってしまい、血管の外に薬液を流してしまうこと。そうすると腕が腫れ、ただでさえ体が苦しいのにもう一度刺し直さなければならないという事態になります。それは避けたい。

なので、マスクを微調整する、という超・単純作業でさえ難儀なのであります。そのため、3回に1回くらいしか直せないのでした。それでも恐る恐るというか、半分ヤケになってやるといった具合。

そして今回。
様子を見ながら静かに右腕を上げてみると……。

何の抵抗もなく、するするする〜と上がるではないですか。

あれれ、右腕には管が何も付いていない。フリーの状態だ!
それに気付いただけで、スゴイ開放感。酸素マスクの直しやすいことといったら。
我慢せずにスイスイ直せます。

そういえば、いつもよりも体にまとわりつくものが少ない。

酸素マスク、
左腕に点滴1ヶ所を2股にして2本、
両足に血栓予防のエアポンプ、
背中に硬膜外カテーテル、
膀胱のカテーテル

数えてみれば、いつもより数本少ないだけなのだけど、感覚はだいぶ違う。
回復してきて点滴が1本抜けるだけで、冬場にコート1枚脱いだくらいに身軽になるもの。数本であれば相当なものなのです。

相変わらず朝日が登るまでの時間は長かったけれど、だいぶストレスが軽減された術後の晩でした。

どうも、細かい話でした。



とある看護師さんによると、この病院の外科では鼻から胃に続く管(前回のブログでご紹介)はなるべく早く抜くようにしているそうです。理由はやはり、患者さんのストレスになるから。

ほとんどの医師や看護師が自分では体験したことがないだろうことを理解して、何かしらの手を打ってくれるというのはたいへんに心強い。そういえば、麻酔科の先生も手術数日後にやってきて、今回どうだったかを聞いてくれました。そうやって、本の上だけでは理解し得ない面を知っていこうという姿勢がより人間味のある医療につながっているのですね。ありがたいことです。
ナゾの丸顔キャラ
廊下のところどころに描かれるナゾキャラ。ちょっとコワくないですか。
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

手術お疲れ様でした。和太鼓祭り!!飲み食いしたいけどゴロゴロが怖い)))私は入院中、朝の牛乳残していました。朝までマスクだったんですね。大変でしたね(ノω・、)読んでいると自分の手術のときのこと思い出します。体の自由が利かなったとたん視野が狭くなっていったような......。で、この中途半端な(失礼^^;)キャラは何~~?キモかわいい!アルファベットのAみたいだけどエリアを表しているとかじゃなくて?あ、屋上もあるのね~いいなあ。

術後の回復が順調で何よりですね
ストーマーは惜しいかもしれませんが(^.^)
管で自由が奪われるのは嫌ですよね
私は経験ないけれど、点滴一本でも嫌だなーと思ってる(^^;
もう少しの我慢ですね(^_^)/
  • #52 ちっくたっくぼんぼん 
  • URL 
  • 2014.05/27 16:31 
  •  ▲EntryTop 

>pusu さん

ありがとうございます!
和太鼓、徐々におさまりつつあります。時々、ドンドンッとしたりする程度になってきました。音の大きさは変わりませんが(笑)
キモカワキャラ、多分小児科があるから付けているのだと思うのですが、逆に子供が泣きそうです。
屋上庭園、いいですよ〜。土と芝生にちょっと乗ってみると、その自然のふんわり感がたいへん気持ちいいです。(多分ホントは乗ってはイケナイ)

>ちっくたっくぼんぼん さん

ありがとうございます!
ごはんが始まって具合が一時低迷したほか、順調なんですよね〜。ちょっとあっけないくらい。
点滴はホント、自由が奪われますね。今回はなかなか血管が出なくて大変でしたよ〜。最終的には漏れちゃって、抜いたらそのまま終了〜になりました。とりあえず、ヨカッタです。

まりまりは顔が小さいからだよ~
私なんて逆!
パッツンパッツンで、早く外してくれ~だったよ 笑

>ゆっきーさん

私は子供サイズだからね。大人用のものはだいたい大きすぎるのです。
鼻の管も「小さいサイズでお願いします」と散々お願いしました!
パッツンパッツンもつらいね〜。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。