マリさん vs. 副作用<其の二:治験>

マリさん vs. 副作用<其の二:治験>

(「マリさん vs. 副作用 <其の一>」のつづき)

続・抗がん剤副作用リポートです。
今回は治験に参加したお話。

前回、TC療法では吐き気が出にくいことをお伝えしました。しかし、実際に自分自身が体でそれを確認するまでは、お医者さんや看護師さんの“吐き気は少ない”お話を聞いても少々ドキドキ。今までとりわけ大きな病気をしたこともなかったので、副作用が現れる薬を使うだけでもビッグイベントなわけです。

そんなとき、主治医オー先生から治験の話がありました。

治療のための、臨床試験。略して「治験」……。
いかにも無機質で、微妙に“人体実験”的な響きを感じなくもない、そのネーミング。こんなにあっさり自分の前に現れるとは。さすがに、大学病院なだけはあります。

「ちょっと考えます」と、その場は一時退避。

と、ビクビクしているところを見ると、どんな治験だ?と思われるでしょうが、いたって簡単。吐き気止めの試験です。参加者をランダムに二つのグループに分けて、片方は薬を1種類、もう片方は2種類使ってどちらの方が効果があるか、というもの。冷静になってみれば、どちらにせよ悪いことはなさそうだな、と判断できるのですが、強い治療薬を使ううえに、さらに得体の知れない(と勝手に思っている)薬を使うのかと思うと、どうにも悩んでしまうのでした。

しかし、どんなときも「人の役に立てる」という意識は、大きなモチベーションアップになるもの。
元々吐き気が少ないと言われているTC療法でいったいどれだけの意味があるのだろうか、という疑問は置いておいて、吐き気に悩まされる人もいるのだろうし、今後、同じ境遇の人が少しでも楽に治療ができるようになるならやってみようじゃないか、と思い始めるのでした。
変な話、“自分が大変なだけな治療”に他者のための自己犠牲的な要素が加わると、気持ちの上で自分だけのものではなくなります。自分の行為に、より大きな意味を見出すことができるわけです。

ひとりでドラマチックに盛り上がったところで、治験の同意書にサインしたのでした。



治験の薬は抗がん剤投与の翌日と翌々日に服用。それから5日間、自分の状態を日誌に記入します。気分はどうだとか、他の吐き気止めを使ったとか、いくつかの項目に答えていくもの。文字の大きさといい単純さといい、小学校低学年のドリルのようなイメージです。

薬は朝、看護師さんが配ります。薬袋の“Day 2に服用”、“Day 3に服用”という表示がいかにも抗がん剤治療っぽい。わたしは「薬1種類グループ」になったため、1種類のみ。しかし、これいっぺんに飲んで下さい、と言って渡された薬は16錠。その名も“デカドロン”!

日誌には、特に吐き気は出ず、ほかの吐き気止めは使わず……と記入し医師に提出。うむ、医学の進歩に貢献したぞ、とひとりほくそ笑む。なんとなく達成感もアリ。いい事をした気分です。

……だがしかし、あとで気付いた大きなミステイク。

副作用中ほかにもいろいろと薬を飲んでいたのですが、そのうちのひとつ、胃薬と思って飲んでいたものが実は吐き気止めだったのでした。
名前は“プリンペラン”。ふざけた名前の割に、制吐作用は絶大。

せっかくお役に立とうと思って参加したのに……。
そのうえ無意味な結果を提出してしまった。

いい気分から一転、微妙な空虚感が心の中に漂うのでした。

今日の疑問: 薬の名前はだれが付けているのでしょうか。

デカドロン16錠
1錠だけ飲むのかと思った
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

私は現在病気にかかっているわけでは無いのですが(解らないけど)、心の書として愛読させてもらってます。

マリさんは何故、そこまで人の役に立つことをしようと試みるのですか?
差し支えが無ければご教授願います!

ご存知かとは思いますが、私は割と人間という生き物が嫌いです…
私の正直な気持ちとして、良い人には協力したい、助けてあげたい、何か出来ることはないか、と思いますが、嫌な人には微塵も思いません…。
誰しもが、こういった一面を持っているとは思うのですが、マリさんだったらどう考えているのかを知りたい!


デカドロンという名には驚きました(笑)
さらにプリンペラン(笑)
もはや競馬の名前ですな。
しかし、何故クスリの名は最後に「ン」がつくのでしょうかねぇ…。
「〜ル」も多いな…。
しかもやる気を無くすような名前だったり。
痛みが治まる「オサマール」
心が安らぐ「ヤスラギン」
病原に果敢に挑む「カカンイドミン」
なんてのはどうかなぁ〜。

>圭 さん

読んでくれてありがとうございます!
自分がやっていることがだれかを幸せにすることになるかもしれない、という希望があるとないとでは気持ちとして全然違うのですね。大義名分を得るようなものですな。特定のだれかに対して、というのではなく、大きな範囲での漠然とした希望です。
身近な場合でも、たとえ嫌いな人であっても血を流して苦しんでいればきっと助けるはず。親のカタキでもない限り……。なんでもない状況であれば、わたしもイヤな奴には手助けしないと思いますよ(笑)それはわたしがどうこうというより、その人の普段の行いのせいで助けてもらえないだけですね。

薬に「ン」が多いこと、よく見抜きましたね!
薬剤師の父によると、わざと「ン」を付けてるんだとか。なぜなら……、“効きそうな響き”だから!(父曰く)

カカンイドミン、いいですね。
薬にもウケが必要です。
プリンペランは看護師さんとの話のネタになりましたよ。

オサマールは胡散臭いのでやめたほうがいいかも〜。

解答ありがとうです(^^)
マリさんらしい、素直に納得できる考えです。
確かに、嫌いなヤツでも目の前でそこまで苦しんでいたら私も手を差し伸べるかな。。「チッ」って思いながら(笑)
何でもない時なら手助けしないというスパっとした線引きもマリさんらしくてチョット笑ってしまった(笑)

思えば自分の仕事も、役にたって喜んでもらえたら、自分にとっても大きなものになるものね。

少しは人間を好きになろうと思います!(笑)

「ン」がつく理由、ナルホド!
薬ってゆうと、お堅いマジメなイメージがあるけど、「効きそうだから」ってのが意外で面白いですな〜。
心理的にも考えているということでもあるか。

マリさんのブログは、病気や薬に対するイメージも変わってしまうから不思議だ〜♩


薬の命名

「カカンイドミン」ってありそうな名前ですね。(笑)

ネットをみていたら、
鼓腸を抑える薬「ガスコン」は、
胃や腸の中のガス(Gas)を除去することにより、
胃腸症状(Gastro-enteric Distress)を改善、・・・gastroは胃かな?
コントロールする (Control)をつなげたとのこと。

化学物質命名に、特性基という概念があって、「アミド」「イミド」「オン」「オル」「ラン」とかの接尾語の用語があります。薬効を連想させる言葉を前記語尾で組み立てているのかと思いました。

生理活性物質の慣用名でも、神経細胞で作られる「ドーパミン」、女性ホルモンの「エストラジオール」、ロキソニンに関係する「プロスタグランジン」なども、「ミン」「オン」でした。

いかがでしょう?

>いのぴー さん

コメントありがとうございます!

そうえいば、以前もらった胃薬はガスロンでした。ガスはいいとして、ロンはなんですかね〜。

新しい抗がん剤の分子標的薬も名前で分類が分かるようになっていると、最近勉強しました。〜ニブとか〜マブとか、〜ミブとか……。ニブミブマブ、それだけ聞くと、なんだ??という響きですね。笑えます。

ガスロンと分子標的薬

ネットによると、
「ガスロンは、作用時間が長い胃薬であることから、
gastric ulcer(胃潰瘍)とlong-acting(長時間作用)を組み合わせた」

販売元の日本新薬によると、
「ガスロンNは、自社創製の胃炎・胃潰瘍治療剤で、防御因子増強剤としては唯一、 1日1〜2回投与が可能です。細胞間コミュニケーション活性化作用、胃粘膜血流量低下抑制作用、及び抗炎症作用により優れた胃粘膜障害抑制効果を示します。」
(細胞間コミュニケーション活性化作用ってなんだ?? ホルモン?、細胞間をつなぐギャップ結合?)

ということで、薬で胃が荒れるのを抑えため処方されたのでしょうか?

>新しい抗がん剤の分子標的薬

イレッサみたいなものでしょうか? 友人は使っていました。

上皮成長因子(EGF)受容体(Receptor)チロシンキナーゼ阻害剤だからだと思うのですが、
外胚葉由来の細胞分裂の早く部分、皮膚の炎症・爪などが生えにくくなっていました。

細胞生物学の章のシグナル伝達では、チロシンキナーゼの説明が出てきます。
その一例として、EGFが出てきます。
EGF ReceptorにLigandが結合する(細胞外での反応)と、細胞内で次のスイッチが入り、細胞内で反応が始まります。
RAS→MAPKと次々とリン酸化という化学反応で情報が伝達され、細胞. 増殖関連遺伝子の発現を亢進します。
RASの由来は、rat sarcomaというように、このReceptor(たんぱく質)を作り出す遺伝子変異や発現状態の変化は癌に関連しています。
癌の細胞膜には、この種のレセプターが過剰発現しているなどあるようですね。

ちょっとあやふやですが・・・。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索