スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

夢と心

夢と心

夢って不思議なものです。

起きている間は心をうまくコントロールして、表面に出しておきたくない感情を赤子を寝かすようにおとなしくさせておくことができるのに、本体が寝たと思ったらやりたい放題好き放題、見たくない映像やら見たい場面やら、一挙大公開されるわけです。

逆に素直なんでしょうね。理性が届きにくい分、正直な感情が表れるのかもしれません。

子宮・卵巣摘出の話をお医者さんに提示されて沈んでいるさなか、こんな夢を見ました。
毎日のように通る、近所の踏切りの夢です。

人がやっとすれ違えるぐらいの、こぢんまりとした踏切り。“カンカン”と鳴り始めたら、健足な人がやっと渡りきれるくらいで遮断機が降りてくるという、ちょっとバリアフリーを無視した踏切りです。それでもその大雑把さや、子供がよく電車を眺めに来たり、紫色の花が揺れていたり、そんな田舎っぽい雰囲気が好きでした。

もう夜にさしかかる寸前の夕暮れ、その踏切りの手前にわたしは立っていました。
“カンカンカン……”と大きな音が鳴り響いている。赤い警報灯が暗くなりかかった空に埋もれるように点滅していて、それでも、なかなか電車がやってくる気配がしない。遮断機はどうやら途中で折れていて、降りてこないらしい。
わたしはしばらくボーッと立って待っていたのに、そのうちフッとすべて忘れて一歩足を踏み出していました。
すると、とたんに轟音を立てて電車が通り過ぎていくのです。目の前を、巨大な電車が勢いよく。わたしは驚いて動くことができず。心臓はバクバクです。自分のバカさ加減に怒りすら覚えながら、轢かれなくてよかったと思うのでした。
そしてまた、カンカン鳴る踏切りの手前に立つ。でもやっぱり電車は来ず、遮断機は降りず、忘れた瞬間に歩を進めてしまう。すると電車が金切り音とともにやってくる。
そんなことを繰り返す夢でした。

おそらく、起きている間は落ち着いていても、心の奥底はギリギリの精神状態だったのだろうと思います。
夢から、逆に自分の心が抱えているものの大きさを自覚したのでした。

友人からもらった本の一節に、夢の意味は「その日一日の活動を終えた心が、夢を見ることで整理整頓され、元のきちんとした状態に戻るのだと考えられるようになっています」というものがありました。(『世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え』ジェンマ・エルウィン・ハリス編/河出書房新社)
「時が解決する」と言いますが、実際には脳が自分の心の中の被災箇所をせっせと修復しているのだと思います。

精神的に本気で辛いとき、無理をして気丈に振る舞うことって、かなり抵抗があります。というより、意味がないと思うのです。辛いなら辛いと言っていい。表では笑って、心で泣いているなんてことは余計に心を弱らせるだけ。
それならば、辛いときは抵抗せずにその流れに身をまかせて、まずは気持ちが落ち着くのを待つ。水の中に舞ったチリがゆっくり底に沈んでいくのを待つように、ただジィっと。するとそのうち、沈んでいったチリも直視できるようになるし、水は案外きれいなもんだな、とか思ったり、そこで一緒に泳ぐ人を見つけたり、見たこともない魚を見つけたり、いろいろ見えてくるものです。ときどき波風が立って、落ち着いていたチリが舞ってしまうかもしれないけど、そうしたらまた待てばいい。気持ちがオッケーを出すまで、時間をかけていいと思うのです。

夢が心を元気にしてくれるように、心を回復させる能力が生き物には備わっているのだと思います。

ほかにもおかしな夢をいくつか見ましたが、その話はまたこんど。
あと、現実世界では踏切りでボーっとしないように気を付けましょう。あ、わたしか。

カメのおやこ
水中には、カメさんもいます。
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

おはようございます^^
私も入院中に変な夢、みました。まだ忘れられないです。
細い路地に敷き詰められたソーセージの上を壊れたバイクで逃げていたり
手形がいっぱいついた建物から逃げようとしていたり......
普段の夢は日常とそんなにかけ離れないのに、
やっぱりあの時の気持ちは緊急事態だったんだなあと思います。
手術前は急に笑いが止まらなくなったりしたこともありました。
不安だったんですよね。でもそれが当然ですよね。
かめさんは親子でしょうか?可愛いですね!

>pusu さん

こんばんは!
ソーセージの夢、ウケるーー!しかも壊れたバイクって。
手形は怖いですね……、ホラーです。
夢は心の状態を客観的に受け止めるために見るものなのかもしれませんね。ズバリ起きているときに感じてしまったら、それこそ壊れてしまうのかもしれません。
かめさん、多分親子です。このあと、ちびっこは大きいかめさんの後をついて泳いでいきました。ほほえましい〜。

頑張ってるな。凄いわ。いろんなものを感じてるんだね。
ごめんね。何も言えなくて。
何もできなくて。
陰ながら応援するよ!
木口がんはれ!!

>東京注番2 さん

コメントありがとうございます!
いえいえ、ブログを読んでいただけるだけでも相当うれしいです。「笑いはがん細胞を消す」と友人が教えてくれましたが、うれしい気持ちも同じだと思います(^^)
病気にはなりましたが、比べ物にならないぐらい貴重なものも得ています。何事も体験ですね〜。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。