スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

人の世と天使(看護師)さん

人の世と天使(看護師)さん

どんなことでも繰り返し行っていると、日常と化してしまうものです。たとえそれが、一般的な生活を送る庶民にとって一生に一度しか接する機会がないようなことでも。

仕事としてそういったことに関わっていると、なおさらのこと。
病院のように、人間を相手にするような仕事でも、相手が人間であるという認識がありつつも、どちらかというと物体に近い感覚にすらなることがあります。

20年近く前、学費を稼ぐために2年ほど介護職員として病院で働いていました。そのときのことを思い出すと、情けなくて顔を覆いたくなります。当時、わたしにとって患者さんは仕事でしかなく、手際よくこなしはするものの人間味に欠けていた気がします。患者さんに辛い思いをさせてしまったのではないかと、自分の至らなさを今更ながら心の中で詫びるのでした。

しかし、そんな自分を棚に上げていうと、それは往々にしてあることなのだと思います。「慣れ」という、人間の脳に備わった機能のために、そうなることは通常の(凡人の)反応といえなくもないのではないかと。
そして、その場から離れて客観的に自分のしてきたことを考えると、自分はなんて価値の低い人間なのだろうと愕然とするのです。

病院の場合、自分が患者の立場に立ち続けることは、実際に自分が同じ目にあってトラウマに近い経験を得るか、かなり強い理性が必要だと思います。

それが、不思議なことに、今回の治療においてわたしが出会った看護師さんの多くが自然にそうできているのでした。まだ20代そこそこの、人としてはまだまだ経験が浅いであろう方々であるのに。

病気への不安や慣れない環境で過敏になっている患者や家族の気持ちをくみ取り、理不尽な怒りをぶつけられたとしても心を乱さず、はたまた無愛想な上から目線オバさんにもめげず、質問の多い人(わたし)がいても、丁寧に接してくれるのです。

もちろん、そうでない看護師さんも中にはいるのですが、わたしが深く関わった方のほとんどがそういった心の持ち主でした。それに甘えてばかりではいかんと思いつつ甘えてしまって、それでも優しい。なんて天使なんだ。

元々、人間としてできた人たちなのか、それとも、もしも病院としてそういう教育をしているのなら、ぜひともその方法を聞き出したいものです。

ともかく、彼女らの穏やかさは自分の未熟さが恥ずかしくなるほどでした。



病気が発覚する前、地下鉄をよく利用していました。
混雑する列車の中で、だれもが窮屈な思いをしているにも関わらず、人をひじで押しのけたり、一言の言葉もなしに体当たりで外に出ようとしたり、自分本位な行動をする人が本当に多かった。そういうドロドロした人間模様が、特にメトロ(東西線)では溢れていました。それが普通なのだろうと、人間の嫌な面に目をつぶってやり過ごすしかないのだと思っていました。

もしも、そういう日常的ながら人間としての価値を計られる場面に彼女らがいたら、どのように行動するのだろうと想像したりします。自分を優れた人間性を持つ人に置き換えて、この場合、どのように思考するかを検証するというやつです。

「そんなの、一歩職場の外に出れば嫌なやつになったりする」などという人は、人間の良心を知らない人だと言わせていただきたい。人のあたたかみを心で感じたことがないのでしょう。

何にせよ、わたしは病院で、身体を治す以上に多くのことを学ばせてもらいました。
まだまだ、人の世も捨てたものではないのだなあ、と。

石神井公園の七夕
森の七夕飾り こどもたちには、すてきな大人になってもらいたい
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。