FC2ブログ
 

告知から5年。「生きてきました」と伝えたい人

告知から5年。「生きてきました」と伝えたい人

5年前の5月11日は、がんの告知を受けた日でした。

ひとりで告知を受けた後、クリニック近くのミスドでお茶をして、花屋で母の日の花を買い、恵比寿で予約していたまつ毛のエクステを「母の日のプレゼント」として2人で受け、エビスビール記念館に行ったという。

「もしかしたら、来年は生きていないかもしれない」ということを考えて、お花はできるだけ長くもつように根のついたものをプレゼントしました。そしてこの日は母にがんのことを伝えず。

……なんて書くと、とってもしんみりしているようですが、実は全然しんみりしておりませんでした。

というのも、「たとえ死んでしまうとしても、それまでの時間を人生で最高に充実したものにできるに違いない!」と思ったら、逆にムクムクと希望が湧き、なんだか楽しい気分にさえなってしまったからでした。もちろん、心の奥底に暗雲は漂っていたものの、それを覆ってしまうほどの、素敵な期待がありました。

そんな日から、もう5年も経ったんだなぁ。
よく、がんでは5年を節目のように言われています。それを心待ちにしている人も多いでしょう。

しかし、私は「5年」にあまり意味を感じていませんでした。
これまでも、再発を怖いと思ったことがなかったのが大きな理由です。

なぜ再発が怖くなかったかというと、それは周囲にいてくれた医療者のおかげです。
「たとえどんな状況でも支えてくれるだろう」と信じられるお医者さんや看護師さんに出会えたからでした。

もしかしたら今後再発して、しかも治療法がない、なんてこともあるかもしれません。
たとえそうだとしても、私の出会った人たちは、気持ちとしてはずっと寄り添ってくれるに違いないと、心から思っています。

そして、家族や友達の深い想いも私の支えとなっています。

ですので私にとって、この"5年の節目"は、私のためというよりも、私を救ってくれた人たち、支えてくれた人たちのために、「生きていてよかった」と思う日です。

5年、生きてきました。
皆さん、そばにいてくれて本当にありがとうございました。

告知から5年
次の5年は、みなさんからもらったものをもっともっと増幅して、今度は私からほかの人々へと配れるようにしていきたいです。支えてくれた人たちにその報告ができるよう、生きていきたいと思います。

クラウドファンディングに挑戦中です!「がんでも人生は楽しめる!一瞬をとらえた写真展を開催!」ーReady for
https://readyfor.jp/projects/ganphoto-ganstory(実施期間:2018年4月23日(月)〜5月23日(水)23時まで)

+++++++++++++
みんなでつくる、写真と言葉のサイト「がんフォト*がんストーリー」では作品を募集中!こちらもご覧ください。
+++++++++++++

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

はじめまして!

木口さん、はじめまして!

キシリトールさん主宰のがんノート動画を拝見して
こちらに来ました。

私の家族が、最近がん告知をされて
今いろいろなこと、手術…放射線、抗がん剤…と
勉強することになって泣きながら、戸惑いながら
おりました。
でもがんノートの皆さんの経験談に
すごく励まされました!

私の家族の原発巣は、とても治療が難しいところらしく、
予後もよくないようです。。それでも、
いろいろな方のがん治療の経緯というのは本当に勉強になります。
語ること、伝えることを
続けてくださってありがとうございます。
私たち家族はこれから頑張ります。また心の余裕があるときに
あそびにきますね。

木口さんも、すてきな日々を過ごしてください(n*´ω`*n)

>のん。さん

のん。さん、初めまして!コメントありがとうございます。
がんノートもご覧いただき、ありがとうございます(^^)

ご家族が難しいがんにかかられらんですね。
ご本人は辛いと思いますが、時として家族の方が辛いこともあるだろうと思います。
のん。さんも、無理をされないようにしてくださいね。がんや、治療についても、少しずつ知っていけばいいと思います。

私は自分ががんになってから、「がん」や「医療」と付くさまざまな場でボランティアをしたり、会に参加するなどしてきました。仕事も8〜9割はがん関連の取材です。そのおかげで、私の周りは常にがん患者や体験者、家族、医療者だらけとなっています。そんな環境で過ごしてみたら、「がんって、当たり前の病気なんだ」と思うようになりました。

もちろん、亡くなる方もいるし、入退院を繰り返している方もいます。ですが、「あと数ヶ月」と言われたのに、すでに何年も生きている人も本当に多い。旅行したり、みんなでの飲み会も、結構頻繁にしています。(よかったら、6月3日の「ジャパンキャンサーサバイバーズ・デイ」や、8月の「ジャパンキャンサーフォーラム」などにも行ってみてください!元気ながん患者がわんさかいて楽しいです。7月28日には、私が代表をする「がんフォト*がんストーリー」の写真展イベントを行います!こちらもおすすめです笑)

がんは、命の限りを感じさせる、とても大きな事態です。
でも、がんが身近に怒らなければ知り得ない、とても素敵なこともたくさんあります。

のん。さん、まずは、心穏やかに。
無理せず、心のままにいてください。

NoTitle

お久しぶりです。
木口さんは相変わらずパワフルで眩しいです(笑)
私としては、ネガティブかもしれないけれど、この5年surviveしてくれてありがとう!という気持ちでいっぱいです^^
わたくしは今は介護があって自分の身体のことを考えられないですが、諦めずいつかまた手術に臨もうと思います。
それまでにお願いするお医者様を見つけないとね!

>みっこさん

わーい、みっこさん(^^)/
ほんと、お久しぶりですね!

ぜんぜんネガティブじゃないですよー、とってもうれしいです(^^^^^^^)///
みっこさんとは、私がまだボウズだったころからのお付き合い!素敵な出会いでした。
ちなみに、髪はそれからほぼ切らずに伸ばしていて、今、70.5cm(笑)

みっこさん、お忙しいですね。でもそうしている間に「この人なら!」というお医者さんとの出会いがあるかも。急がずとも、すべてはめぐり会いな気がします。

またお会いしたいです(^^)//
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索