スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

「がんノート」を見に、国立がんセンターへ行ってみた!

「がんノート」を見に、国立がんセンターへ行ってみた!

前回から、「沖縄離島旅シリーズ」を一時中断。このところ、なぜか集中していろんなことがあるもので、そのあたりが「古いネタ」になる前にサササと書いておきたいと思うのであります。

ちなみに、順天堂大学練馬病院写真展vol.5の初日イベントは無事終了しました!出展してくださった方、来場していただいた方、ボランティアでお手伝いしてくださった方も、本当にありがとうございました!

イベント日限定の展示や飾りは片付けてしまいましたが、ほとんどの写真展示は少なくとも10月までされていますので、練馬散策のついでにでもぜひお寄りください!



ということで、行ってきたのは「がんノート」。
がん界のイケメン・岸田徹(キシリトール)さんが主催されている、「がん患者・家族インタビュー」です。生放送で配信しているため、お茶の間でも楽しめるというインタビューなのですが、この日はその収録現場を見に行ってきました。

会場は、がん治療の大御所・国立がん研究センター中央病院!しかも19階の職員専用レストラン。人が普段入れない場所は、やはりテンションが上がります。

国立がんセンター1
ご安心を 一般向けのレストランは同階の反対側にあります そちらも眺めが良さそうです

今回のゲストはHama★さん。
「耳下腺がん」という、大変希少ながんの方です。ちょうど数日前に「希少がん」についての取材をしたばかりだったので、私にとってはかなりタイムリー。

耳下腺がんは顔にできるがんであり、手術をすれば容姿が変わってしまう事も多いもの。術後は言葉を発する事ができなかったり、「今後は流動食のみになってしまうかも」といった、がん治療に伴う不安はとてつもなく大きかったと思います。
しかし、Hama★さんは「とにかくできることをやってみよう」「楽しく生きよう」という気持ちでいるとのこと。しかも、それは「無理に辛い部分を見ないようにしている」というものではなく、素直に「その方が楽しいからやってる」という雰囲気が伝わってきました。

一緒に参加されたHama★さんの奥さまとの深いつながりも、とっても和やか。お互いを大切に思って、それを言葉にしていけるお二人が素敵でした。



がんノートは、収録を見学するというものですが、その後に「まとめの時間」のようなものがあるのも大きな特徴ではないかと思います。

小さなグループに分かれ、今聞いたお話について話し合います。通常の講演は「いい話だったな」で終わってしまう事が多いですが、あらためて言葉にすることで、自分の感じていたことをきちんと心に残せる気がしました。

さらには、「海を見下ろす19階」というロケーションもポイント。一度来てみたら、「このホテルに泊まりたい」ならぬ、「ここに入院したら楽しそう」と、誰もが思うに違いない。

そういったわけで、がんであろうとなかろうと「がんノート×国がんプチ旅」をお勧めします。

・がんノートオフィシャルサイト
・Hama★さんのブログ「耳下腺癌に負けないぞ!……腺様嚢胞癌の記録……

国立がんセンター2
眼下には築地市場&東京湾が!(一瞬、どこかのスタジアムかと思った)

国立がんセンター3
ココに入院したら、病院を抜け出して築地散策ができるかも(市場は豊洲に移転しますが、場外の400店舗や一部市場は引き続き築地にあるそうです)
[プチ旅フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ありがとうございます

こんにちは、Hamaです。
先日はご観覧くださいましてありがとうございました。
またブログでもご紹介してくださり恐縮です。
頭頸部癌は治療により様々な問題を抱えることになりますが、
明るく乗り越えられればと思い毎日を過ごしています。
同じ境遇の方に勇気を与えることがボクの仕事だと思っております。
どこかで見かけたら声をかけてくださいね。
今後ともよろしくお願いいたします。

Hamaさん

Hamaさん、先日は素敵な時間をありがとうございました!
私とはまったく違ったがんを経験されているHamaさんのお話は、とても引き込まれるものがありました。2時間も経っていたんだ!と思うくらい、楽しく(?)聴かせていただきました。
がん種によって、それぞれに違う困難があるものですね。それでも、Hamaさんの場合「明るく乗り越えて行こう」というのがとても自然で、清々しささえありました。
大変な部分も、爽やかな空気感も、直接お顔を見てお話を聞くことで、より伝わってきたような気がします。
またお会いできたらうれしいです!こちらこそ、これからもよろしくお願いします!!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。