ラーメンの思い出

ラーメンの思い出

つつがなく過ごすことができた年末。
2年前のようにまた病院に舞い戻ることのないように祈りつつ、1年前のように2年前の惨事を思い出して緊張したままでいることもなく、ちゃんと新年の神様を迎える準備ができたのでした。

というより、意識的に半無心状態になりつつの準備。
恐ろしい記憶が薄れたというよりも、心のコントロール法のひとつを覚えたのかもしれません。

しかしながら、何年経ってもコントロールが難しい心もひとつ。
それは、おそらくホルモンによるもの。
時折、えらく食欲が増したり、微妙にいら立ち易くなったり、生理前のホルモンバランスの崩れと同様の現象が起きることがあります。子宮がなければ生理はもちろんないのだけれど、ひとつ残っている卵巣が一生懸命に活動しているために、たまに現象だけが現れるのだろうと思います。

それがこの年末はこれまでに無いほど強かったとみえて、脳内毒舌家の「ブラック・キグチさん」が登場。そんな時はなるべく口を閉ざして、それこそ無心になり、ヤツが去っていくのを待つしかありません。

ブラック・キグチさんはだいぶ去っていったものの、その気配が残っているうちは難しい話を書くとロクなことになりません。なので今回は、難しくない「ラーメンの思い出」を書こうと思います。



「ラーメンの思い出」

年末、無性にラーメンが食べたくなりました。
そこで、近所のラーメン屋へ向かうことに。

お店でラーメンを食べるのは2年半ぶり。
その時に行ったお店へ入りました。
実はここ、思い出のラーメン屋なのです。

2年半前というのは、1度目の手術の結果がかんばしくなく、子宮・卵巣とも摘出するというお話を受けたころ。
そのころは、女性でなくなってしまうような行き場の無い落ち込みや開腹手術への恐怖など、いろいろな精神的重荷があって何も食べることができなくなっていました。

おなかが空いている気はするのに、なぜか食べ物がのどを通っていかず、食べる気が失せてしまう。そのうち、目の前に食べ物があっても食品と思えなくなったのでした。まるで本や靴と同じような、明らかに食べ物ではないもののように見えてしまうのです。

そのままでは衰弱する一方だと頭では分かっているので、なんとかカロリーの高い飲料などを飲んでいました。しかし、当然ながら体はフラフラ。

そんな時に、少し前にも登場した産婦人科クリニックの女医さん・Y先生のところへ行きました。サードオピニオンとして女性目線の意見を聞くためと、栄養補給の点滴を打ってもらうためでした。

気分が悪く、行くのをやめようかと何度も思いつつ行ったクリニック。
Y先生の柔らかい雰囲気と「また何かあったらいつでも来てね」という言葉に癒され、その後の点滴も加わって少し調子が良くなっていきました。

そして、帰り支度をしているところで看護師さんがくれたもの。
それは、小ぶりなジップロックにぎゅうぎゅうに詰めたお菓子!!

「先生が、『ちょっとでも食べてね』って……」

そう言って渡してくれました。

なんて温かい先生!
病院でそんなことをしてくれたのは初めてでした。

そのおかげで栄養をもらったのは心。
どのように作用したのか、疲労して普段通りの機能を果たせなくなっていた心を自然と緩ませてくれたようです。そして、「何か食べられる気がする」と思い、帰りがけに駅前のラーメン屋へ入ったのでした。

テーブルに出されたラーメンはちゃんと食べ物に見え、残さず一杯食べられてしまったという。
絶食後のラーメンってどうなんだということは置いておいて、そんな、温かい思い出があるラーメンなのでした。

平日の昼すぎだったがゆえの、お客の一人もいない店内。
外の明るい光。
座ったテーブル席。

とてもよく覚えています。

この年末に入った時はたくさんのお客さんがいて、かなりの賑わいだったけれど、不思議と当時の感覚が甦ってくるのでした。

そのラーメン以降、徐々に食べられるようになり、手術前には体力がほぼ回復するまでに。この時点では精神的にはまだまだだったものの、それが最初の一歩だったのだろうと思います。

一杯700円の醤油ラーメン。
多分一生忘れない、わたしの「思い出の一皿」なのでした。

2016年お正月飾り2
キグチ邸のお正月飾り・1

2016年お正月飾り1
クリスマスリースに酷似しているけれど、間違いなくお正月飾り・2
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

マリさん、あけましておめでとうございます♪
昨年は精力的に色々活動をされて 大変お疲れ様でした !!
今年はどんな事をやって下さるのか、とても楽しみにしています。
私も出掛けて行ける場所でしたら、馳せ参じようと思っていますが…(*^^*)
どうかマリさんにとって、楽しい事でいっぱいの幸せな年になりますように…♪
今年も宜しくお願い致します♡

>ガルボさん

ガルボさん、明けましておめでとうございます!
昨年はお会いできてうれしかったです♪ありがとうございました!
今年もよろしくお願いします。

今年はもっともっといろんな事ができればいいなと思っています。
すてきな一年にしたいですね!

何が「キッカケ」になるのか予想できないものですね
案外、え?そんな事で?というのが多い気がします
「キッカケ」を誰かに与えられる人になりたいものです
  • #821 ちっくたっくぼんぼん 
  • URL 
  • 2016.01/05 23:24 
  •  ▲EntryTop 

>ちっくたっくぼんぼんさん

ほんと、そうですね〜。
この時の先生も深くは考えずにお菓子をくれたのだと思うのですが、かなりうれしかったです。
いつもちょっとした思いやりを持っていられるといいなと思います(^^)

コーヒー

マリさん、明けましておめでとうございます。
女医の先生、素敵ですね。
たかがお菓子では無い!気持ちがこもったプレゼントは本当にうれしい。
ましてや、おかしな心理状態の時には、どれだけ救われることか・・マリさんは、たくさんの良い先生や看護師さんに出会ってますね。

その後のラーメンが記憶に残るのもよく分かります󾭠
私も術後、追加治療なしと聞いた後、最初に飲んだコーヒー、院内のたいしたことないカフェでしたが、最高でした。
今でも、飲みに行ってしまいます。。

それにしても、マリさんでも、
気分が不安定になることもあると聞いて安心しました。私なんて、健康になったとたん愚痴愚痴なので。
ブラックキグチにも、会ってみたいです・・・・笑
では、今年も、いろいろな事に頑張ってください&私も手伝わせてくださいね!

>あうさん

あうさん、あけましておめでとうございます!
診察室に一緒に座ってるだけでほんわかするような先生なんです。やっぱり素敵な先生だー!と思いました。

いつもなら通り過ぎてしまうような瞬間が色濃く心に残ることがありますよね。
コーヒーを飲むたびに最高だった気持ちを思い出せるといいですね〜。

不安定とブラックキグチは時折登場します。
ブラックの時の辛口コメントは好評の時もありますが、書いたものには絶対残せません(^^;

実は今年はすでに企み(悪巧みではない)がひとつ浮上しております。
あうさんのお力をぜひお借りしたいと思ってます!また連絡しますね♪

ことよろです

マリさん~大変遅れましたが
今年もよろしくお願いします~m(__)m

昨日大阪に帰ってきましたよ~
札幌雪は少ないけど、寒かったぁ~(>_<)
こっちに帰ってきたら暖かいかと思ったら・・・
こっちもけっこうさむーいっ!!((p(>_<)q))
なんだかがっかりしております( ´艸`)、;'.・ ブッ

先生、とっても素敵ですね~
そんな優しい先生に出会いたいなぁ~
マリさんの周りには素敵な方がたくさんいるよね~
これもマリさんの力だと思います~

ブラックだったり不安定だったりって
めちゃくちゃわかります~~~~~~
あたしはもう卵巣もなーーーんもないから
ブラックもブラックもどす黒い((●≧艸≦)プププッ
不安定も不安定もジェットコースターですなw
そんなあたしの矛先はいつも旦那・・・あぁ可哀そうw
マリさんの雰囲気がとっても穏やかで優しい感じなので~
マリさんでもそういう時があるんだ~って
ちょっと嬉しい~いえ・・・かなり嬉しい~(*′艸`)

今年もなにがあるのかわくわくしながら~
また会える日を楽しみにしてます~(^O^)

>kikakoさん

こちらこそ、ことよろです!

私の住む地域も一昨日から寒くなりました。
暖かい間は「ちょっとは冬っぽいガン寒な感じを楽しみたいな」と思っていたのですが、やっぱり寒いと寒いですね。
何言ってんだろ(-▽-)

「素敵な人に出会える運」というものがあるなら、がん発覚からの1年は本当についてましたね。
それが私のパワーならうれしいなあ。

どす黒く、ジェットコースター!って逆にいいかも。
それはそれでスカッとしそうです(>▽<)/
私はとっても繊細(自分で言う)なので、ガードしてないところを突かれるとダメージが大きいですね〜。
自分で自分にダメージ負わせてしまうこともしばしば。
そんなことで不安定だったりもするのです。特にホルモンバランス悪い時はダメですね。
でも、第一には運動不足かも。

お互い、いろいろがんばっていきましょうね♪
またお会いしましょう〜!

十センチの腫瘍

十センチ腫瘍ができたときは、バカのようにマクドナルド食べましたね。ポテトはいらず、ダブルチーズ、ビックマック、フィレオフィッシュ、まあ上手いのなんの。カロリーオーバーだけど止まりませんでした笑

>ゆっきーさん

私も入院中はジャンクフードが食べたくなりました!
そのせいで、退院したあとも私はジャンク好きだというイメージが数人の中に付いてしまいました(-▽-)
ま、嫌いじゃないですけど。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索