スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

7.11手術記念日アゲイン

7.11手術記念日アゲイン

病気が発覚してからというもの、とにかく記念日が増えに増えています。

自分のための記念日というのは、だいたいにおいて「誕生日」や「結婚記念日」くらいのもの。それこそ、(結婚記念日は場合によるとしても)一人の人間の歴史に刻まれるようなものです。

自分にとって、それらに並列して刻めるくらいの大きな出来事がゴロゴロと登場したのだろうと、通過してきたそれぞれの地点を見返して思うのでした。

そして何日にもなった、新しい記念日。
これをわたしは、「自分の休日」とすることにしました。

「自分、おつかれさまデー」です。
同時に、わたしを支えてくれた多くの人や、取り巻くもろもろの出来事などへの「感謝の日」でもあります。

7.11手術記念日は本当は昨日だったのですが、パソコンに向かわないことにしてブログも書きませんでした。実際は片付けないといけない用事があって午前中のみパソコンを使ってしまいましたが。

特に、フリーランスで仕事をしているわたしには曜日もお盆も年末年始も関係ありません。この日は休みだと自分で宣言しなければ、果てしなく仕事ばかりしてしまいます。ということで、国民の祝日よりももっと思い入れのある自分の休日っていいんじゃないかと思うわけです。

で、7.11は何の記念日かというと、二度目の手術の日です。ハラを割ったという意味では初の手術。子宮と右卵巣、リンパ節などが、その身を犠牲にして命を救ってくれた日です。そうなると記念日には「体への感謝」も忘れてはいけません。



と、言いながらも感謝はさておき、昨日は「自分の好きなことをする」と決め込んで、カフェで過ごすとか、昼からお家ワインするとか、いろいろ考えておりました。ところがハラ具合がよろしくなくて、結局ほとんどの時間を家や公園で過ごしていたのですが。

今思うと、感謝を忘れるなと、ハラが言っていたのかもしれない。
またもや体の訴えをシカトするわたし。

一応は、「今ごろ手術室に入ったんだなあ」とか、「終わって病棟に戻ってきた時には夜まで姉がいてくれたなあ」などの追体験はその都度していました。とても感慨深いものがあります。

休日計画(外出しない編)は、図書館に予約しておいた本を読む、DVDを見る、マンガ読む、好きな物食べる、という他愛ないもの。プラス、昼ワイン付き。

公園の桜の木の下で朝ごはんを食べて、家でワイン飲みつつポ〜っと過ごす一日。好きな時に昼寝もする。夕方にもう一度公園をプラプラして、まだ日のあるうちにお風呂に入ってみたり。ところどころハライタがあるけど気にしない。

やりたいことの全部はできなかったのですが、なかなかにいい休日でした。それに、まだお楽しみが残っているのは、好きなお菓子が残っているようなワクワク感があります。「あ、冷蔵庫にまだアレあるんだった!」みたいな。

ちなみに図書館で借りてきたのは大変興味深い本。私が生まれるよりも前に出版された「日本奥地紀行」という本です。著者は1831年生まれの女性。イザベラ・バードという旅行家で、そのご時世にして40歳を過ぎてから単身世界旅行を始めたそうです。似たような年にわたしも人生の転換期が訪れて、なんとなく運命的な出会いを感じたりして。

日本奥地紀行1
「日本奥地紀行」イザベラ・バード著 「完訳日本奥地紀行」は最近出版されたもの 訳注が本の1/3以上を締める

日本奥地紀行2
昔懐かしい「図書カード」が!

そして、夜は適当にうたた寝が心地よい。
寝たり起きたりを繰り返し、きちんと寝ようと思い立ったころにはまだ空が白んでないのに鳥が鳴き始めていました。ああ、鳥は起きると鳴くんだなと思いつつ、わたしは眠りにつくのでした。

記念日はどうしたと思うほど、のほほんとした休日。
またやろう。

ネコ
図書館の帰りに出会ったネコ 
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

マリさん、

素敵な記念日でしたね!

記念日と言うと何か特別なことをしなければならないような気がするけれど、
何もしないと言うのが1番贅沢なんですね。

最近は私も療養が重なってゆっくりとしてはいますが、
夜も寝たい時に寝て起きてそして小鳥さんと一緒にまた寝るって
いいなと思いました。

私もやってみよーっと。

NoTitle

マリさん

こんばんは
私も昨年12月に2回手術をした日
今年はどうすごしているのかな~と考えました。
今はまだ毎日が一生懸命であまり先の事を考えないようにしているので、
その日がきたらあっそういえばと何事もなくすぎたらいいです
マリさんは外出しない休日を楽しんでいたんですね
私は時間をもてあそんでます。
ずっと平日は仕事をしていたので、こんなに家にいることもなく・・
図書館も近いので今度いってみます。
たまには病気と離れた本を読まないと

みちえ

記念日に感謝

マリさん、素敵な記念日ですね。
鳥の声、聴いてないなぁ。

本当に病気をして、はじめて平凡な日常のありがたさに気づきましたもんね。

パソコン仕事ばっかりしてると、四季を感じる間がなく一年が過ぎていくというか・・まぁ、体の心配が全く無く無理できたのも幸せだったかもしれませんが・・。

ゆっくり、風を感じながらお酒やランチっていいですよね。
今度、何かの機会があれば、公園でまったり会に参加させてくださいね。その時は、うまい酒をお土産に持ってくので!

>デイジーさん

返信遅くてすみません!
ゆっくりのんびり、心のままに過ごせたな〜と思います。
今度は「時計を見ない休日」もやってみようと思ってます。

小鳥さんって早起きなんですね!
アラ、もうみなさん起きる時間なのねと思いつつ、まだ夜が明けていないのをいいことに心おきなく寝させてもらいました。
たまにはそんなのもいいものです。

のほほんとした日、オススメです〜。

>みちえさん

みちえさん、こんにちは!
1ヶ月に2回の手術、うーむそれはきつい!ほんと、おつかれさまでした。
12月はきっとスイ〜っと過ぎていきますよ〜。

ずっと家にいるとモンモンとしてしまいますよね。
特にある程度体が安定してきて、それでも仕事ができるほどではない時はイヤんなっちゃいます。
でもそこまで何もない時間も人生にそうそうあるものではないですし、今は腰を据えて毎日が一生懸命な日々を送るってのもアリではないかと思ったりして。

図書館、いいですよ!
最近はネット予約して借りに行ってます。意味も無くプラプラ行くこともありますが(^^;
絵本もおススメです!

>あうさん

「大変だった日」も、ちょっと自分を特別扱いできる日になれば「いい日」になるかな〜と思ったのでした(^^)
病気発覚以降、気持ちが一段落してみると、ホントに日常にはキラキラがいっぱいだと気付きますよね。
なぜ気付かなかったのかが不思議なほどに。

私も会社で仕事をしていた時は時間の流れが淡々としすぎてましたね〜。
それが当り前になってしまって、細やかなキラキラを感じられる場面が少なかったかもしれません。

まったり会、やりましょう〜。
田舎の清流の近くの宿でまったりする会なんかもいいかもー。
もちろん、昼からお酒です。

マリさん、皆さんこんにちは

マリさんと あう さんは ご近所なんですね。
まったり会ができていいなぁ。

今散歩から戻ってきたところなんです。
ドイツは街の中でも本当に緑が多く(緑と言うより 街と街の間に森があるという感じです)
お散歩もとても楽しいです。
私はラインの川沿いに住んでいるのですが、
行きは川沿いを通って水の香りを嗅いで 帰りは公園と森を通って緑の香りに満たされて 歩いてきます。

素敵なことがいっぱいですが
図書館で本は借りてません。
でもこれは個人的な理由で
ドイツ語ができないからでしたw

いつか日本に行った時
まったり会の機会があれば
ぜひ参加させて下さい。
ドイツのモーゼルワイン持ってお伺いします!

>デイジーさん

デイジーさん、こんにちはー!

ドイツは本当に素敵ですね。
森の存在は人にとても大切なものだと思います。
それが調和されているのがすばらしい。
図書館も古い建築が使われていそう。行くだけで楽しそうです。

私も今のアパートは目の前の大きな公園が気に入って決めました。
自然林を活かした公園で、春には窓から桜も見えます。
お花畑ではもうすぐひまわりが咲きますよ!

あうさんとは、実は結構な遠距離なのです。
(デイジーさんよりはるかに近距離ですが)
でも病院と私で行っている写真展に協力してくれていて、ちょくちょくお会いできるのがうれしいですね〜。

日本に来られる時はぜひまったり会しましょ〜!
ドイツワイン好きです!

マリさん、デイジーさんへ

デイジーさん、
私は病気の時、マリさんのブログを見て、
もの凄く救われて、元気をもらい、
どうしても会いたいと思い、なかなかの遠距離を超えて会いました。
会って良かった!そう思える人です。

ドイツ、いい所ですよね。環境先進国だし。私もフランクフルトに行ったことがあります。
ちょっと距離はありますが、今はネットがあります。病気の不安や寂しさ、いろいろあると思いますが、同じマリさんブログで出逢ったデイジーさんを応援してます。

何かで日本に戻る機会があれば、ぜひみんなで会いましょう!マリさん、本当にブログの印象のままの人です。(キュートで可愛いのに、男前)

まったりワイン会~。いつかと思うだけで、楽しみです。
(マリさんのブログなのに、勝手なコメントをごめんなさい)

>あうさん、デイジーさん

あうさん、またまたまた素敵な言葉をありがとうございます(//▽//)/

病気になって以降が、私にとっての人生の始まりのような気がしています。
これまでは巣の中にいて、そこからやっと飛んだような。
それからの出会いはひとつひとつが貴重で、しかも方向が定まっている分より濃いつながりだと思います。
あうさんも、デイジーさんも出会えてうれしいです。

フランクフルト、みんなゆかりがあるようですね!
ドイツで会うのも楽しそうだなあ。

マリさん、あう さん

マリさん あう さん、

遅くなっちゃたけど よんでもらえるかな?

勝手に出入りしてすみませんが
日本に行く機会があれば マリさん あう さんに是非お会いしたいです。

あう さん 応援をありがとうございます。
私も 理不尽ドイツで 再発と戦いました。(ってまだ 戦闘中ですが、終わったといいたい^_^)
あう さんのコメント、あうさんの優しいお人柄が わかるようです。


私も マリさんのブログで 励まされている一人です。
涙をこぼしながら 読んで勇気をもらいました。
本当にありがとうございます❤️

>デイジーさん、あうさん

こちらこそ、ウルウルしてしまいます。
ありがとうございます!

あうさんはとってもすてきな方ですよ!
3人でお話できたら楽しいだろうな〜。

出会いは何にも換え難いものですね。
がんの中に出会いがあるなんて、健康な時には想像もしませんでした。
意外な事実。

マリさん、デイジーさんへ

はい、
マリさんの記事を読み返すストーカーのあうは、デイジーさんとマリさん記事を見つけ、読みました(笑)。

もぅ、マリさんに誉められると(お世辞でも)、めちゃめちゃ、嬉しいです(照)

デイジーさん、理不尽ドイツという所が気になりますが、マリさんと繋がれば百人力っす。海外医療での不安は想像できませんが、私は癌になったけど、本当にいい事がいっぱいありました。
デイジーさんにもきっとあります。

いつか、会いましょうね。
(でも、人見知り。)

>あうさん、デイジーさん

あうさん、発見してくれましたね〜。
やりますね。

チビッコのキグチに百人力のパワー。
なんかすごい(^^)
私の文で元気な気持ちになってもらえるならそれはとってもうれしいことです!
私の方がパワーもらってます。

みんなすぐ会える距離ではないですが、こうしてつながりを持てる「ネット」なんてものがあってよかったなとつくづく思います(^^)/
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。