スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

そういえば、ウィッグ(かつら)の話・下

そういえば、ウィッグ(かつら)の話・下

そういえば、ウィッグ(かつら)の話・上
そういえば、ウィッグ(かつら)の話・中
のつづき

脱毛前、わたしはずっとロングをキープしておりました。そして、必ず抜けると分かってからその髪をどうしておくのがベストかと考え、選んだのはボブ。

その理由はたくさんあるのですが、丸刈りにすると超・短髪な毛が抜けて枕や服などに入り込み、厄介だとパンフレットで読んだからと、ロングの毛が大量に抜けたらもしかして落ち込むかもしれないと思ったから。そして、まだ頭を守っているその髪を根こそぎ切ってしまうことがかわいそうに思ったからでした。

プラス、抜け方の観察をしやすい長さだろうという理由もありました。

また、ドラマで丸刈りにするシーンがあったりしますが、その微妙な劇的具合はわたしにはどうも違うという気がしたのもあります。

総合的に見てわたしにはボブがちょうど良かったわけです。
何にしても、素直になって考えた時、自分が一番気持ちいいと予測できるものが正解だと思います。




キグチなりのウィッグ装着法

ここまでは前置きでして、そのボブが抜けてきた時にウィッグを着けたところが本題。

わたしの場合、脱毛してもいきなりツルリという状態にはならず、最後まで耐える髪も数本ながらあったのでした。しかしいずれも度重なる抗がん剤との戦いのために疲れ果てた髪。引っ張れば簡単に抜けてしまいます。

自分の意志で抜くならまだしも、ウィッグの縫い目などに髪がからんで抜けるのはちょっとイヤ。そういった思いから、ウィッグの中に綿でできた薄手の抗がん剤脱毛用ケア帽子(黒)をかぶってみたのでした。

これがなかなかスグレモノ。
髪がからまないばかりか、蒸れ対策、頭皮の保護にもなるのです。

ウィッグの内部は毛を縫い付けるための繊維というかネットというか、そういったものが縦横無尽に走っています。そのナイロンの素材は手で触っただけでも不快な感触。そんなものがただでさえデリケートになっている頭皮に触れたら相当気持ち悪い。

また、ケア帽子があれば、汗のためにウィッグ本体をしょっちゅう洗う、ということをせずともよいという。

(チラッと検索したところ、医療用ウィッグにはコットンのインナーキャップを販売していたり、内側の肌に当たる面をオーガニックコットンにしているところもあるようです。それだとやはり洗う必要ありかもですが)。

中にケア帽子をかぶったら「頭がかさばるんではないか」と思うかもしれません。しかし、薄手であれば違和感はないと思われます。

もとより、ウィッグは頭の丸みに完全フィットするなんてことはなく、多少のゆとりがあるもの。だから、オモテからはきれいな頭の形に見えても、触ってみると地の繊維は波打っていたりするものです。

特にわたしの頭は、バイクのヘルメットに子供用を勧められるほどのチビッコサイズ。それでも普通サイズ(できるだけ小さめな)のウィッグのアジャスターをかなり締めて使っていたもので、デコボコはハンパ無い。触るとかなり違和感がありますが、見た目にはヘンではなかったはず。そして装着してしばらくすれば自分でも忘れてしまいます。(装着写真は「そういえば、ウィッグ(かつら)の話・上」にて)

ともかく、ケア帽子装着はオススメです。わたしのものはリバーシブルで縫い目が直接肌に当たらないタイプ。ちなみにオーガニックコットンではある必要性は全く感じませんでした。

ウィッグの見た目に慣れない場合、さらに帽子を追加するという手もあります。そうすることで安定感もあり、よりナチュラルに感じると思います。
しかしそれだと、ケア帽子+ウィッグ+帽子という三段重ねになってしまうので精神的に結構なボリュームなのと、暑いという難点あり。

ウィッグだけでも「毛の付いた帽子」のようなものなので、通気性があるとは言え、だいぶあったかです。冬場はいいですが、夏場はイマイチ。

ということで、夏はやはり、スカーフでのコスプレをオススメします。(ボブであれば、抜けずにいるわずかな髪を活用してスカーフコスプレをより楽しむことも可能!と、ボブを勧めてみる。コスプレ法は「脱毛コスプレ入門」にて)

また、ウィッグは軽い方がだんぜん楽!
それはわたしの絶対なポイントです。



今は髪も生えていますが、ウィッグはこれからも使ってみようと思います。今度、ウィッグのひとつを美容師さんにカットしてもらう予定。映画「TIME」のアマンダ・セイフライド風にしたいと思います。

アジサイの花びらは小さな蝶の羽のよう
夏の訪れを感じさせるアジサイの花 その花びらは小さな蝶が集まっているようにも見えます
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

マリさんロングだったんですね!
ちょっと想像できない(ToT)
私は癌宣告されて即、ロングをベリーショートにしましたよ~ウイッグも帽子も用意して
でも私の抗がん剤は脱毛しないやつで(-.-)未だに未使用です
安いやつを選んでおいてよかった(^^;
でもどういうわけかたまに被りたくなるけど(^.^)

ところで、マリさんのウイッグ姿、めちゃくちゃカワイイ!

  • #645 ちっくたっくぼんぼん 
  • URL 
  • 2015.06/03 23:25 
  •  ▲EntryTop 

マリさんこんにちは。
腸閉塞の言葉からマリさんのブログに行き着きました。
私はマリさんほどひどくなかったのですが3日ほど前にやりました。
サブイリウスだったのですがそれでも死ぬかと思いました。

2回目の手術を無事終えて、今はストーマをつけています。
私の場合 ストーマがつくのを分かっていたのですが どうしても受け入れられなくて手術の前何日も何日も泣きました。

それでもマリさんの言葉、人工肛門だって普通、それどころかかわいいくらい、と言うフレーズにすっかり感動してしまいました。

仕方がないからというのではなく
愛情を持って積極的に接する?と言う態度は目から鱗でした。

まりさんのおかげで、私の元々の性格を取り戻し まだ1週間足らずですが 私のストーマとも仲良く付き合っていけそうな気分になっています。
本当にしばらくは人生のパートナーです。

うれしくなってたくさん書いてしまいました。
どうかこれからもブログを続けてくださいね。ずっとずっと応援しています。

>ちっくたっくぼんぼんさん

私もロングだったなんてもはや想像できません(>▽<)
ボウズだった時は髪があったころも思い出せなかったです。

ぼんぼんさんは気持ち的にもスパッと切ったんだろうな〜という気がします。
男前というか、潔い感じ。
しかしウィッグも買っちゃって、かなり突っ走りましたね。

ウィッグ似合ってますか〜(//▽//)うれしいです〜〜♪♪
見せられるようなのがあの写真くらしかないんですけど。

>デイジーさん

デイジーさん、こんにちは!
ブログを読んでくれてありがとうございます。とてもうれしいです!

まずはおつかれさまでした!
いろいろな臓器が詰まっているお腹の中が痛いのは本当に恐ろしいですよね(><)

ストーマは結構イイやつです。
自分の体ながら、わりとすぐ気に入ってしまいました。
なんせ感覚がなく、自由気ままに動いているもので(しかも楽しそう)。
それに私を生かそうと一生懸命なのも感動もの。

いつもパウチをかぶせているのもかわいそうに思うくらいでした。さすがに外したままでは大変なことになるので付けてましたが(^^;

ヘンな話ですが、自分の内臓であるストーマから教えられたことは非常に多かったと思います。まさに二人三脚(一人だけど)。
たった数日で自分を取り戻されているデイジーさんなら、きっとそれを感じられるはず!

これからもブログ書いていきますよー。
ストーマについてもネタがたくさんです。
まずはゆっくり休んでくださいね!
すてきなストーマライフが送れますように〜(^^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。