スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

そういえば、ウィッグ(かつら)の話・中

そういえば、ウィッグ(かつら)の話・中

(「そういえば、ウィッグ(かつら)の話・上」のつづき)

ウィッグを着ける際の心配点。

(1)「風で飛ばないのか?!」
(2)「ウィッグだと気付かれないか?!」

……(1)の結論、「意外と飛ばない!!!」

コントでヅラがパカッと飛ぶ、なんてものがあるためか、飛びそうなイメージのあるウィッグ。
しかし、そうそう飛ぶものではありません。

爆風吹き荒れる日にあえて外出したり、ジェット噴射の前に立ってみる、なんてことは相当なチャレンジャーにお願いするとして、台風の前触れのそれなりに強い風が吹いている時に歩いてみましたが、「飛ぶかも!」という不安はありませんでした。
ただし、通常風に髪が乱されるのをほっておかないように、普通に髪を押さえるくらいはしていたような気がします。
気になる場合はウィッグの上にさらに帽子などをかぶると、安定感アップ。

……(2)の結論、「まったく気付かれない!!!」

前回も書いたように、ウィッグを着けて外に出てみた時には周囲の観察をしておりました。
「アナタ、わたしの頭を見てるでしょう?」などというアツい視線を送ったりしたら逆に大変怪しい人になってしまうので、それとなく周りの気配をうかがうといった具合です。

しかし、みなさんそれこそ素通り。

以前、「人工肛門でもフツーです」のシリーズで、ハラにストーマ(人工肛門)用のお風呂グッズをくっつけてお風呂屋さんに行っても気にもされないと書きましたが、やはりだれも、人の頭なんか見ていないものです。

ちょっとぐらい気付かないものかなあと、微妙な気合いを送っても気付かれず。

友達とお茶をした時にもかぶってみたものの、照れくさいのは自分だけ。わたしが治療中であることを知っている彼女は「普通だね」と言っていました。話をしているうちにお互い慣れてしまい、特に違和感なし。

ともかくは、ボウズの状態を見慣れていたのが突然フサフサになる、その相違に自分がびっくりしさえしなければ問題ないのであろうと思います。

ちなみに、病院の看護師さんには、抜ける前にウィッグ準備してね、と言われました。手術での長期入院のまま抗がん剤治療に突入することになり、ヘロヘロになっているところから脱毛開始までの短期間でウィッグを見に行くなんてことはできるはずもなく、「それはムリ」と思った記憶があります。

もしも、ヒーヒー言いながらでも都内のショップなどに行っていたら、その努力に免じて気に入らなくても何かしら買ってしまったはず。ラクにネット上で探しまわることを選択し、自分の納得できる物を買えたのは、結果的によかったのではないかと思います。

早めに準備した方がいい理由のひとつとしては、脱毛前の髪型と似たものにできるといったことがあるようです。そういった意味や、時間的余裕のある場合には良いかもしれません。




「飛ばない!気付かれない!」ということについては、国立がん研究センター中央病院「アピアランス支援センター」のレクチャーでも同様のことを言っておられました。わたしはイベントで訪れましたが、通常でも週2回行われています。「コスメティックインフォメーション」という講習会で無料です。この病院に通院していなくても受けられます。
ウィッグが大量に置いてあり、試しにかぶってみることもできます。おまけに選び方やかぶり方のアドバイスもしてもらえるという。オススメです。



キグチなりの装着ポイントも書こうと思ったのですが、長くなりそうなので次回にまわします。

つづく!

順天堂大学練馬病院写真展vol.3_化学療法室
病院写真展vol.3の「化学療法室前」展示 先日のレポートで載せるのを忘れてました
通院で化学療法を受ける患者さんの憩いになっていればうれしいのですが
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

マリさん、こんばんわ✨
ウィッグは、飛ばないそして気づかれないものなのですね。。
というか、女子はコスプレ気分で楽しめばいいんですよね。

癌とか言われると、手術自体とその後の展開に頭がついていかず、流されるまま。
とにかく、いろいろ隠したい気分になりましたが、次回何かあれば(もう無いはずですが・・)変身します(笑)。

科学療法前写真、いい感じです!

>あうさん

あうさん、こんにちはー!
急激な、しかも無理矢理な変化は気持ちが追いついていくのが大変ですよね。
でもきっと、よく見たらどんな濁流にも浮き輪とか丸太とか、ひっつけるものが一緒に流れているんだろうなと思います!
多分、スワンなどの楽しいものもたくさん流れてるはず(^^)
コスプレは病気の間と言わず、オススメです!たまには別人化も楽しいですー。

化学療法室の展示、ちょっと変化させようと思って用意していたものが重さに耐えられず、形的には前回と同じになってしまいました。でも気に入ってもらえてよかったです(^▽^)/
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。