人工肛門でもフツーです<其の六> 沖縄ストーマ旅

人工肛門でもフツーです<其の六> 沖縄ストーマ旅

人工肛門シリーズに戻って、ストーマンが空を飛んだところまで。

そしてやってきました南の島、沖縄。(一年前のお話)
この旅行の目的はオストメイト・リサーチでありました。

本当はさらにチャレンジが必要な海外に行きたかったのですが、「まあまあ階段がのぼれる」程度にしか戻っていない体力では、命の危険すらありそうな気がしたため断念。それでも、今回は滞在中のさまざまなチェックポイントがありました。

◇◇

1、内部障害がありながら自分のセーフエリア(自宅)から遠く離れる
2、ハラにヘンなものがありつつの車の運転
3、このリゾーティな地でのホテルやコンドミニアムの宿泊
4、夏っぽい薄着で出歩く
5、ストーマ+デラックスなハラの傷あとがありつつ海やホテルのプールでビキニ着用

◇◇

それぞれ、何かしらの不都合がないかどうか、あるとしたらどんなものかという調査です。

ズバリ結論を言ってしまうと、「どれもおおよそ問題ナシ!!!」
それで終わり……ではどうしようもないので、続けます。しかも長くなるので何回かに分けます。

1、内部障害がありながら自分のセーフエリア(自宅)から遠く離れる

ストーマグッズと、念のための膀胱障害グッズや薬を持っていく必要があったため、その分荷物かさばるという難点があります。それでも、すべて合わせても厚手のトレーナー一枚分くらいでしょうか。

何にせよ、場所は違えど身は同じ。きちんとした準備さえしてあれば、家だろうがホテルだろうが、そんなに変わりはありません。「遠足は準備が大事!」なのです。

ただ、オストメイトが気になることのひとつにパウチの交換があると思います。
わたしの場合は3日に1度の交換が必要だったので、一週間程度の旅行では交換せねばなりません。これもリサーチの一部。

しかし、「これもおおよそ問題ナシ!!!」

ただし、今回泊まったのは一泊目のリゾートホテルを除いてはお家の状態に近いコンドミニアム。しかも母のコネで、なぜか10人用のフロアを母と二人で使用。広すぎるための声の反響が微妙に物悲しい。

そんなわけで、巨大なお風呂場が2ヶ所にジャグジーまであるような状況だったため、お風呂ひとつを占拠して、だれ気兼ねなくパウチ交換できたのでした。

そこで思ったのは、お風呂の大きさうんぬんよりも、洗い場がきちんとあるところの方が精神的にも作業的にもいいだろうということ。その点、マンションのような形態のコンドミニアムはオススメです。

その他、不安要素としては万が一の対応があります。
しかし余程へんぴなところに行かなければだいたい大きな病院はあるわけで、自分でできる準備としては、以前「社会的弱者になる」でご紹介した「体の状態メモ」。主治医や病名、パウチのメーカーからサイズまでも記入したメモです。これがあるだけでもかなり安心間違いなし。

2、ハラにヘンなものがありつつの車の運転

運転でオストメイト的に気になる点といえば「シートベルト」。ストーマを圧迫しないだろうかというところかと思います。

これも「またまたおおよそ問題ナシ!!!」

ストーマの位置にもよるかと思いますが、わたしの場合はシートベルトを「ダイレクトに押さえつけられないような位置にずらす」程度でした。また、近日ご紹介予定のお気に入りハラマキで外部刺激からかなりガードされるので、実はずらす必要性もそんなには感じませんでした。

車についてはこの程度です。何か思い付いたらまた書きます。

次回もたぶん、沖縄ストーマ旅!

北谷の夕暮れ
沖縄のゆったり感、大好きです
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ぬか床。 さん

踏み出すって、なかなか大変な場合もあると思います。
でも、まだ心が準備しきれていないのかもしれないし、自分のペースでゆったり進んでいけばいいと思いますよ。
一歩を出すがんばりがちょっとだけ必要なこともありますが、それを押し出すのもやっぱり心ですしね。

でも、ぬか床さん、ちゃんと進んでるじゃないですか〜。
ブログ拝見しました。それも一歩だと思います。
お互い、のんびり行きましょう(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マリさん、こんばんわ。
ストーマン、いろいろなチェックポイントに対して案外おとなしく、一緒にいても邪魔にならない子なのですね。。
とは言っても、旅行に連れていく人間の気持ちの一歩が大きいのでしょうね。
実際、病の時は、そんな気分になれないですものね・・
私も大概、『まぁいいか人間』ですが、入院中は一歩が出ない出ない(笑)。

自分の情けなさに打ちのめされました。
本当に困った時や辛い時に人間の本質が見える的な・・。その点マリさんは、すごい。階段やっとの体力で沖縄、そしてビキニ!!

きっと、現在治療中で不安の方がこのブログを見ると、いろいろ聞きたい&元気がでると思います。
沖縄後編も楽しみにしてまーす!
(マリさんのお母様も、この間の病院展示といい、アクティブな方なのですね)

>ぬか床。さん

みんな、自分だけの時の流れがあるんだと思います。
楽しいなと思うペースでいきましょう!(^^)

>あう さん

ストーマンはいつでも一緒に旅をする仲間なのですよ。
ちょっとお世話が必要な、いわば子供の道連れのような感じでしょうか。
そんなに悪くないです(^^)

友達が以前、「人間は精神的な生き物だ」と言っていたことがありました。
(自分でその表現が浮かばなかったのが、くそーと思いましたが^^;)
心が処理しきれない状況が時として人にはあるのだと思います。
多分、自分でも気付かないうちに。
私もそういう状況が(結構ふんだんに)ありました。生きていればそういうこともありますよね。
そして回復にかかる時間はそれぞれだろうなと思います。
その回復に役立つお話が書ければなーなんて(>▽<)

ハハはかなりアクティブですね〜。しょっちゅう一人で沖縄に行っています。今も沖縄です。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索