「病院イベント第二弾」終了!

「病院イベント第二弾」終了!

またまたシリーズ中断で、イベント無事終了のご報告です。

2015年1月24日(土)、病院イベント「順天堂練馬病院写真展・第二弾」を行いました。
写真展第二弾1

今回は、前回(12月6日)の展示からさらに拡大し、出展者31名と枚数・展示場所も増加。開催時間がほんの数時間と短いながら、前回の倍以上の方にご来場いただけました。アコーディオンの演奏は笑いを誘う絶妙なトークとテンションで予想以上の盛り上がりを見せ、大盛況だったといえるのではないかと思います。
写真展第二弾13

全体としてみても、この展示はとても意味のあるものでした。
これは主観ですが、今までわたしが観たどの作品展よりも人間の深みが現れていたと思うのです。
写真展第二弾5

一番の理由としては、心身ともに大きく重い経験をしたからこそ見ることができる「輝き」がそれぞれの作品に含まれていたから。また、そういった人たちを身近に見てきている家族や友人、医療者の作品には、また別の感情や人となりが含まれていたから。
そして、ほとんどの参加者がもともと写真を撮ったり文章を書いたりする方たちではないため、作品がその人の「素」の状態に近かったのでしょう。どれも「見せよう」という意気込みはなく、自然体だったのです。それらが相まって、心に語るものがあったのかと思います。
写真展第二弾11

作品というのは、そこにその作者がいなくても、面と向かって言葉を交わさなくても、その人の声を聞くようなものです。それも、耳にではなく、心に向かって触れてくるようなもの。
このイベントでもそれを感じていただけたなら、これ以上のことはありません。
写真展第二弾9

◇◇

また、これはあとから聞いたお話ですが、アコーディオンの曲目のひとつ、「春一番」は、アコーディオン奏者の方のご友人の薦めだったとのこと。その方はまだ十代ながら、現在も病気に立ち向かっているとのことでした。ご自身もたいへんな思いをしながらもこのイベントのために思いを巡らし、力を貸してくれていたのです。その気持ちに胸が熱くなりました。
写真展第二弾10

今回は、アコーディオン奏者の2名を含め、運営に協力をしてくださった方がさらに増えました。出展者と協力者、総勢40名と、病院の理解と協力があって実現しました。
写真展第二弾2

そしてFacebookやブログを見て来てくださった方、本当にうれしかったです!遠方からや、お仕事の調整をしつつお越しいただいた方もいらっしゃいました。来場できなかった方からもメールやメッセージをいただきました。活動を応援してくれている方がこんなにいてくれるのは、本当に本当にうれしいことです。ありがとうございました!
写真展第二弾8
写真展第二弾6

◇◇

病気での経験というのは、通常の状態から見るとまったくの知られざる世界だということをわたし自身、身をもって感じました。そこには当然困難がありながら、想像すらできないほどの光もあります。もしかしたら、今、となりに座っている人はそういう世界を見ているのかもしれません。
写真展第二弾7

今現在、光を感じることができていない人には光を、光を得た人にはそれをほかの人に分け与えることのできる場を、そしていずれも感じたことのない人にはそういった世界が存在することを知ってもらえる機会を作る活動をしていきたいと思います。
何にせよ、やる人も見る人も、病院も企業も、一緒になって楽しめるものを作っていきたいです。それで、個々としても社会としても何かが変わっていけばいいなと思います。さまざまな病院や、病院外でも行っていきたいですね。

病気が発覚してから、こういった活動を始めた今も、どんどんたくさんの「人に灯る火」を感じています。それは本当に温かいものです。

《展示メイキング》
写真展第二弾4
写真展第二弾3

今回はメイキングを撮り忘れていて、この2枚しかありません。フムム、残念!

写真展第二弾12
[療養中ご報告フォト (c)木口マリ]

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

お疲れ様でした~

写真を見ただけでも素敵なイベントだと伝わってきます~
実際に見たら、うるうるだろうなぁ・・・
たくさんの方の理解と協力にはほんと感謝ですね~
これもマリさんのお人柄とほんと思います~
私も微力ならが参加させてもらえたこと
ほんとに嬉しいです
ありがとう~~~m(__)m

文章上手すぎです。

マリさん、こんばんわ。
なんか、マリさんの文章が上手すぎて・・泣けてきますね。本当に同感です。
(自分のボキャブラリーの乏しさが情けない。)
あれから、4日たちましたが、まだ気持ちが残ってます。

届けられた写真や文章、照明や、手作りのお花や額、そして設営や運営を手伝ってくれた病院スタッフ。みんなの想いが詰まったとても濃密かつ楽しい空間でした。
そして、この奇跡のコラボが実現したのは、やっぱりマリさんの人柄ですね。

私自身、人見知りなのに、なんだかあそこで初めて会った人とも、そして会ったことが無いけど写真や文章を通じて知った人とも、つながった気がします。

病気も良くなってくると、日々に追われていろいろ忘れがちですが、健康な時こそ、何か役にたてることをしないと。。
と思ってます。

そして、今、闘病している方が、
少しでも、元気になるように、祈ってます。

>kikako さん

こちらこそ、すてきな灯りを出展させていただいて、ありがとうございます!
お月さまも好評でしたよ〜。
今後も一緒に何かやっていきたいですね(^^)

このイベントでは物理的にも精神的にも、たくさんの方のパワーをお借りしました。
ほんとにありがたいことです。
いただいた感想の中にも自分で気付かなかった発見があったりして、私の方こそうるうるですよ〜〜〜。

お花の灯りは近々お送りします!ちょっと待っていてくださいね!

>あう さん

私の方こそ、何週間も前から仕事の調整をして、はるばる来ていただけたことが感動です!
そして、楽しんでいただけてよかったです!(^^)

もともとこの企画が立ち上がったきっかけは、高い志を持った医療者の方々や、自分の辛い経験を役立てたいという仲間に出会ったことでした。いわば、みなさんが著者で、私はその本を一冊編集したようなものです。
それがいろいろな人に届けばいいなと思います。

日常に戻っていくと記憶は薄れていきますが、経験の事実は大きいものですよね。
傷は癒えても、経験から得た感情や感動は留めておきたいですね。

お疲れさまでした!イベント成功、私も嬉しいです(^^)
マリさんの活動はブログでしか見てませんが熱い気持ちが伝わってきます
いろんな場面でグイグイいっちゃうマリさん
ホント、眩しいですよ(^^)-☆
もう、キラッキラですよ-☆

全速力で走ったあとは少し休みでしょうか?
というか、休んでほしいかな(^^)
  • #553 ちっくたっくぼんぼん 
  • URL 
  • 2015.01/30 18:27 
  •  ▲EntryTop 

>ちっくたっくぼんぼん さん

ありがとうございます!
ぼんぼんさん含め、たくさんの方の力をもらったこのイベントができて、私もうれしいです。
キラッキラ♪すてきな表現をありがとうございます(^^)

2月はちょこっと、前々から計画していた別のもくろみを進めようかと思ってます。
でも1ヶ月かけてゆっくりやりますよ〜。

旅行も行きたいなー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ぬか床。 さま

ありがとうございます!そう言っていただけて、とってもうれしいです(^^)
私も一緒にやっていた看護師さんも、こういった企画は初だったためドキドキでしたが、予想以上のものができました。すてきな人たちのすてきな気持ちが集まった展示で、ほんわかした温かさがあったと思います。

P.Sのコメント、本人に伝えておきますね(^^)
素直に照れそう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索