スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

緊急対策!ガラケー

緊急対策!ガラケー

わたしは、ケイタイ2台持ちです。

iPhoneとガラケー。

震災時にスマホだけでは不安だということで(あと一応お仕事用の意味で)2台持ちをキープしています。しかし、幸いにもそういった出番はなく……、と思ったら、たいへん役に立つ場面がありました。

◇◇

今どきの人の例にもれず、メインはiPhone。外出時のネット利用から写真撮影から、いわゆる傾向通りの使用方法。通話もほとんどiPhoneです。

対するガラケーはほぼ目覚し時計として使用。しかも、スマホが出回る以前の機種。発売当時は“着メロ”のダウンロードが主流だったため、元々入っている目覚し音にロクなものがない。

実際、電池の持ちがいい、くらいが利点のガラケーに比べると、スマホは健康なときはもちろん、入院中もとっても便利で楽しい存在でした。震災から時が経つにつれて、スマホだけでもいいのかも、と思ってきたりもして。

しかし、実はガラケーは、多くを語らずにその時を待つ、侍チックな存在だったのです。ルパン三世でいうと五右衛門のイメージ。

◇◇

「あなたがいてくれて本当によかったわ」と思ったのは、昨年12月の緊急手術のときでした。

手術が決まり、「ご家族に連絡したいので、電話場号を教えてください」と看護師さんに尋ねられました。

しかし、激痛でヒーヒー言っているところでそんなことは考えられず。それ以前に、番号なんて覚えていない。

(たびたび入院していたのだから書類に書いてあるはず)と思っても、その24文字を言葉にすることもできない。

「携帯……」の2文字がやっとでした。

バッグをごそごそして、看護師さんが「これですか?」と差し出してきたのはiPhone。

もう片方のがいいな……と思いつつ、しょうがないのでなんとか電話番号を探してみるのでした。

ところがどっこい、痛みのせいか血圧のせいか視界が定まらないうえ、動きを制御できない指で細々したアイコンを押したり、画面をスライドさせたりなんてことは絶・対・にムリ。

例えるなら、嵐に巻き込まれた小舟の上で、つま先(親指)でスマホ操作するくらいムリ。

ちなみに、音声で検索するSiriを使おうなんて思い付きもしませんでした。思い付いたとしても機械が認識できる声を発することもできなかったはず。
ついでにそんな状態のときは、あのツルンとした形状のものを手に持っているだけでも困難なのです。落としたらたいへんだ、というような普段なら意識して行わないようなことも、ものすごくストレス。

ラチがあかないと判断し、「別のやつ……」と言ってようやくガラケーを出していただいたのでした。(混乱してガラケーという言葉は浮かびません)

「カチッ」と開いて、「カチカチ」操作。
電話番号はすぐに見つかりました。

その「カチッ」という音もまた、実に小気味いいのです。
ひとつの動作が完了しましたよ、という合図のように感じるのでした。
てのひらに軽く握るだけでも安定し、最小の動きで操作が可能。見なくても何が起こっているかはだいたい分かります。落としても多分、少し傷が付くくらい。余計なことを考えずにいられるのは、この状態ではとってもありがたい。

ああ、ガラケーがあってよかった。
ガラケーさまさまです!
ありがとう、ガラケー!!!

……しかしながら、すでに姉と母は救急待合いに来ていたため、苦労した意味はナシ。

待合室にまで響いていた「ウーウー」といううなり声が、わたしのものじゃないか、いや、違う人だろう、という会話を二人でしていたらしいです。

ともあれ結論は、「自分自身が非常事態のとき、スマホはマッタクもって操作不能」ということです。そして、スマホが基準としているものは、「状態のいい人間」だということでした。

やっぱり、ガラケーは“緊急用“で合っていたようです。

カルガモ天国
もちろん、iPhoneもさまさまです!
[療養中フォトギャラリー by iPhone (c)木口マリ]

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

マリさん、こんばんわ。
私の周りにはガラケー使用者が結構います。なぜか・・、それは学校の先生が多いからです。
やっぱり情報の漏洩を防ぐため、SNSやLINEなどをやれないため、ガラケーで充分らしいです。
ただ、電車なとでは取り出すのが恥ずかしいらしいですが(笑)。

でも、確かに非常時は単純な物の方が強い気がします。ガラケーしかり、ラジオしかり・・。
同じく人間も、シンプルな生き方すると強くなれる気がしますね。うーん、さらばストレスとならないものでしょうか?

>あう さん

おはようございます〜。

先生はガラケーが多いんですね。そういえば、私の高校の時の先生もそうですね。メールすらやらないという。元々アナログ派だとは思っていましたが、若いのになあ。

たしかに単純は強いですね。単細胞な人とか。あ、違うか!
シンプルな生き方、そうですね。
現代社会でストレスを減らす方法のひとつは、いろいろと捨てることじゃないかと思います。煩悩の断捨離!なんちゃって(-▽-)

NoTitle

スマホ操作できないぐらい痛かったのですね~><;;
私はガラケーまだ持っています。充電器と一緒にとってありますよ!契約の時、古いのを目の前で破壊されるのが嫌で...。
機能を切り離した方が便利なことあるんですよね~メモ代わりにするのもいいですね。緊急時表示用にファイル作っておこうかな^^;そういえばらくらくフォンには物理キーをわざわざ搭載していますし、誰でも、どんな時でも操作できることを考慮したデザインが残って欲しいなと思います。
思えば、携帯ない時代もあったのですよね~^^;年がばれるけどwww

>pusu さん

まさかあそこまで操作できないとは思いませんでした。
関係ない人に電話かけてしまったかもしれません(笑)

物理キー、たいへん便利ですね。指の感覚は思うよりも確かなんだなという気がします。タッチパネルは目を通じての要素が強すぎるんですよね〜。普段はいらないかな〜と思ったりもしますが、非常用のものって何でもそんな感じですよね。

ちなみに私も過去の全ての携帯持ってます!あ、一台だけ「決まりだから」と言われて取られたのがありました(^^;
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。